ゴシップ

やしきたかじんの妻、さくら夫人に「多重人格」説も?終わらぬ『殉愛』合戦

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
『たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III』東宝

『たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III』東宝

 故・やしきたかじん(享年64)と、その妻であるさくら夫人(33)の純愛の日々を人気作家・百田尚樹氏が綴ったノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)。発売直後からその内容は物議を醸し、さくら夫人の過去、夫人とたかじん家族との確執、たかじんが残した莫大な財産の行方などが大きく取り沙汰されて連日メディアを賑わせた。

 その騒動には未だ決着がつかず、2月23日、たかじんとさくら夫人について書かれた新たなる一冊が発売された。『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)と題されたその本は、『殉愛』の内容に反論したいわゆる告発本である。この本で注目したいのはなんといってもそれを記した布陣であろう。角岡伸彦、西岡研介、家鋪渡、宝島「殉愛騒動」取材班の共著。角岡氏、西岡氏は過去に講談社ノンフィクション賞を受賞した作家である。そして三番目に名を連ねている家鋪渡氏は、たかじんの実弟なのである。いわばノンフィクションのプロ中のプロが執筆したこの本、Amazon紹介文の最後には「百田さん、これが本当のノンフィクションやで」と書かれ、真っ向から百田氏に挑戦状をたたきつけた形なのである。

 この『百田尚樹「殉愛」の真実』には、『殉愛』での百田氏のずさんな取材や事実誤認を指摘し、さらにはさくら夫人の過去について、そして夫人サイドについていると思われる関西テレビ界への取材内容などが書かれているようである。発売から日が経っていないにも関わらず、売上はAmazonベストセラー1位で、24日時点でのAmazonでのカスタマーレビューは174件も。うち169件はおすすめ度に星五つをつけている。「その取材力に感動した」「本当のノンフィクションとはこういう本を言うのだろう」との感想が多いようだ。

 24日発売の「女性自身」(光文社)は、この告発本の中でももっともセンセーショナルかつデリケートな部分であると思われる、さくら夫人の多重人格疑惑について取り上げている。記事によると告発本の取材に応じたのはさくら夫人の2番目の夫であるアメリカ人のD氏。結婚と離婚を繰り返してきたさくら夫人だが、最初の夫は日本人男性、2番目の夫がこのアメリカ人D氏、そして3番目の夫が“重婚疑惑”が持ち上がったイタリア人男性で、たかじんは4番目だといわれている。

1 2

コメント

コメントする

12 :
2015年02月28日 22:37

「後妻業」というものがあるそうで…おおコワ
カトちゃん…

返信
11 :
2015年02月27日 14:44

「殉愛の真実」でこの問題はますます加熱しそうですね
と思いきやテレビや百田尚樹氏の小説を売ってる出版社は及び腰というか黙殺してるそうで…

返信
10 :
2015年02月27日 14:14

通名を使った在日コミュニティは、在日のそこそこ見栄えのいい男女を日本の芸能人やスポーツ選手や政界、財界の連中と結婚をさせて、日本での権力を増大し日本支配を着々と進めているのさ

女子も、もっと在日の実態について知ろう
ネットで調べればすぐ解るよ

返信
9 :
2015年02月26日 19:52

あのおぞましい殉愛が出版され、テレビで大々的にプロモーションしたおかげで、後妻達の非道な悪事が明るみに出たわけで、結果的には良かったと思っている。
たしかにこの騒動は、たかじんを好きだった関西人としてとても悲しいけど。

返信
8 :
2015年02月26日 07:50

エリザベス松本さんは、偽造したメモで財産を横取りするような人とは戦わないのですか?
またこんなわざと本質をそらす記事を書いて恥ずかしくないのですか?
誰が本当に世界観を壊しているか、ちゃんと伝えなさい。
エリザベス松本さん。

返信
7 :
2015年02月26日 03:52

本きっちり読んで書いてんの?ネットのつなぎ合わせ。くず作文。

返信
6 :
2015年02月25日 17:46

>>2
元、夫のアメリカ人D氏が取材者にさくらは韓国人だったと語っています
さくらの両親を挟んで会食した時に打ち明けられていると
そして後に日本国籍を取得したと

『百田尚樹「殉愛」の真実』の中で書かれています

返信
5 : 偽善
2015年02月25日 12:11

4の方に賛成。”金と権利をめぐる内紛”を起こしているのは、まさに”さくら”と名乗る人でしょう。この人にお願いしてみたら?

返信
4 : 綺麗ごと
2015年02月25日 12:00

関西人なら本当にたかじんを愚弄するのは誰か見極めろ。
それがせめてもの情けであり、問題を嫌悪する余りに真実から目を逸らすのは愚昧のすることだ。

たかじんさんは本音の人のはず。
それが偽りの看板で描かれたら、それこそたかじんさんが可哀想だ。

返信
3 :
2015年02月25日 08:45

やしきたかじん氏の娘さんがさくらさんを韓国人だと言ってたよ

返信
2 :
2015年02月25日 08:26

百田持ち上げといて、
都合が悪くなったらさくらを韓国人扱い
ネトウヨ哀れww

返信
1 :
2015年02月24日 21:37

特アと関わると身の破滅、という事だ

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


7 + 三 =

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

ゆめいらんかね やしきたかじん伝