連載

鮭おにぎりを我慢!? 南野陽子が全盛期のギャラ暴露

【この記事のキーワード】
南野陽子公式Facebookより

南野陽子公式Facebookより

 昨年、芸能界デビュー30周年を迎えた、初代『スケバン刑事』(フジテレビ系)・斉藤由貴。彼女の次に二代目スケバン刑事を襲名した南野陽子(通称・ナンノ)も昨年同じくデビュー30周年を迎えたそうだ。

 10代のデビュー当時に初々しいセーラー服姿で武器のヨーヨーを勇ましくブンブン振り回しながら悪者と戦っていたお二人も、気が付けばもうアラフィフ。現在はお互いに既婚者となり、由貴さんはいつの間にか三人ものお子さんに恵まれている。そんな「スケバン刑事」コンビが2月16日放送の『ライオンのごきげんよう』(同局)にゲスト出演していた。

 冒頭で彼女たちがそれぞれ歌にドラマに大活躍していたアイドル時代の紹介VTRが流されたのだが、やっぱり可愛らしくってキラキラしていた。そういえば、子供の頃にナンノの歌まねの練習をしたっけなぁ~。今でもたまに懐かしくなってふと“モノマネ”しながら口ずさむことがある。少し鼻にかかったような特徴のある彼女の甘い歌声は、トライしやすかったのかもしれない。「モノマネ番組」などでも、よくモノマネされていたような気がする。

初代への憧れがハンパない二代目スケバン刑事

 ナンノいわく、由貴先輩とはデビュー時期の差が半年くらいしかなく、ほぼ同期みたいな感じであったものの、仕事においては由貴先輩のほうが何でも先駆者としてプロフェッショナルに活躍していたので、常にその後を追いかけていきながら憧れの人になっていったそうだ。

 ナンノにとってみれば由貴先輩は「高倉健さんや森光子さんよりもリスペクトする」と言いたくなるほど大きな存在だったのだとか。って、どんだけ~! ほぼ同期で歳だって一歳しか上じゃないのに由貴先輩を崇拝し過ぎっしょ~。あんまりにも尊敬の念を抱かれまくっているので、さすがの由貴先輩も困った様子で「それは絶対言い過ぎだと思います……」「初代だったからですよ」と謙遜するのであった。

 また、小堺さんからデビュー当時のキャッチフレーズを聞かれるとナンノは「純だね陽子」、由貴先輩は「時代だって由貴に染まる」とそれぞれ回答。アイドルのキャッチフレーズのわりにはキュートさはまるで感じられないが、昭和らしい哀愁が漂い、何だか味わい深さが見受けられなくもない。まぁ、キャッチフレーズはどうあれ、お二人ともアイドルとして大成功したのだから結果オーライなのであろう。

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

スケバン刑事 (1) (MFコミックス)