ゴシップ

TGCの剛力彩芽・ダレノガレ明美が公開処刑? モデル体型とは何か

【この記事のキーワード】
ダレノガレ明美

充分すぎるほど細見えですが?(ダレノガレ明美Twitterより)

 2月28日に開催された第20回東京ガールズコレクション。ファッション誌を飾る大勢のモデルたちが春のリアルクローズをまとってランウェイを闊歩し、BIGBANGなどのアーティストがライヴも披露して華やかなイベントとなった。

 ランウェイには2012~13年にテレビドラマ・CMにあまりに多く出演しすぎて「ゴリ押し」との嫌悪を招いてしまった剛力彩芽(22)もモデルとして登場。しかし他のモデルたちの写真と比較して「場違いすぎ」「とてもモデルってスタイルじゃない」と、これまた叩かれる事態に。ひとたび悪い印象がついてしまうと、こうも長きにわたってバッシング対象になってしまうものかと暗澹たる気持ちにさせられる。そしてもう一人、「他のモデルと全然スタイルが違う」「痩せたハズなのに太く見えるのは何で?」と話題になっている登場人物がいる。ダレノガレ明美(24)である。

 ダレノガレはガッシリした厚底靴を履き、ミニスカート+素足+ソックスの組み合わせなど数点の衣装を着たが、ローラや山田優、藤井リナらと比べると、なぜか「脚が太くて短い」と評されてしまっている。ダレノガレといえば、昨年「MAX時から23kg痩せた」とブログで報告しており、身長164cm、体重42.6kgのスリム体型であることを明かしている。元来運動好きであるため、現在もジムでの水泳、ヨガ、キックボクシング、マシンを使ったトレーニングなどを継続していて、リバウンドもしていないはず。

 ただ、彼女は以前も「本当にダイエット成功しているのか?」と疑惑の目を向けられたことがあった。Twitterに彼女が投稿した写真が、縦に引き伸ばす加工により不自然になってしまっていることを指摘されプチ炎上したのである。確かにその写真は細く長い脚が際立つカットだが、彼女がいつも愛用しているセリーヌバッグのハンドル部分まで妙に伸びてしまっており見るからに違和感が強いものだった。

ダレノガレ明美

件の脚長写真(ダレノガレ明美Twitterより)

「体重は太っているどころか標準におよそ遠い“痩せすぎ”レベルで、決して太ってはいません。首や顎が細く頭部がとても小さいので、必然的に他の部位が太く見えるというのはありますが……本人を目の前にしたら、とても『太い』なんて言えないくらい細い! 学生時代に全国大会に出場するほどの強豪チームで本腰を入れてソフトボールに取り組んでいたので、運動経験のない人よりは肩や下半身がどっしりしているかもしれません。しかし骨とカワだけのスキニーなモデルよりも、しっかり運動に取り組める筋力・体力が備わっているダレノガレ体型の方が健康的なのではないでしょうか。ただ痩せてればいい、という風潮の方が危険ですからね」(芸能記者)

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ