連載

アラフォー女性が韓国クラブで大勝利!年下モデル風イケメンとxoxo

【この記事のキーワード】
seoul60

ソウルのクラブは肉食日本人女子の狩り場! Photo by JRN* from Flickr

 知り合いの誕生日会があるということで、久しぶりにカンナム(=江南、ソウルのおしゃれエリア)のクラブに顔を出してみた。いや~韓国クラブ、あいかわらず派手にエロく盛り上がってますわ。

 で、本日の誕生日会の主人公はある人気グループのメンバーのお兄ちゃん。「ほんとのところ何屋さん?」なお兄ちゃんだが、やたら羽振りがよくて顔も広い。グループ内での知名度が低い弟よりもはるかに芸能人っぽい。そんなお兄ちゃんの誕生日ということで、この日のクラブにはどこかで見たことあるような顔がいっぱい。芸能人やら、業界人やら、きれいなお姉さんやら、エロいお姉さんやら、とにかく大混雑。もはや主人公のいる場所まで近づけないほど多くの人が集っていた。

 そんな中、あっちこっちにポツポツ見かけた日本人女子たち。彼女たちは旅行者ではなく在韓組のようだ。「オッパ~」と知り合いを見つけてシャンパンをガンガン飲んでいる子も入れば、ぶすーっと不機嫌な顔してひとりソファに座っている子などいろいろ。そうそう、〈ソウルのクラブ〉をテーマに顔出しでブログを書いてる日本人女子もいて、「おーっ、あのブログの子だ!」と芸能人を見るよりも興奮してしまった。もうこうなってくると主人公よりも芸能人よりも、彼女たちの行動をチェックしてしまいたくなる。

 いちばん気になったのは不機嫌女子。見た目からすると30代後半~40代前半? クラブとはいかにも無縁そうで地味な印象。それでもファッションはがんばっていて、ピンクでオフショルダーのふわふわニット着用。しかしこの手のニット、20代の若い子が着ていたらいまっぽく見えるかもしれないが、アラフォーの彼女が着ると、どうしても昔テイスト……。いっそ飯島直子ぐらいなら流行なんて関係なくセクシーに着こなしそうだが、やっぱり素人で地味目アラフォーが手を出すと少々安っぽく見えてしまう。とにかくそんな女性が不機嫌な顔してソファに座っているのだ。気にならずにはいられないでしょ!

仏頂面からの怒号!

 ソファの隅っこでおとなしく座っているのだが、その表情はふて腐れ感満載で、誰が見ても、いま彼女の機嫌が悪いことは分かるだろう。それだからか陽気な人間の集まりのようなクラブでの誕生日会で、彼女の周りには誰も寄りつかない。連れがいるのかと思いきや、どうやら彼女はひとりでこのクラブに来たらしい。ほかの日本人女子ともそれほど仲はよくないよう。でも誕生日会にいるってことは、この日の主人公なり、ほかの韓国人なり誰か親しい人はいるのだろう。

 その後10分経過、20分経過しても彼女はあいかわらずひとりのままのまま。さっき見たときよりも機嫌ははるかに悪くなり、かなり酔っぱらってる様子。

 それから10分、さらに10分経っても、やっぱりひとりのまま……。ここでちょっとトイレに行きたくなったので、席を離れることに。用を済ませてトイレから出ると、なんとそこに不機嫌アラフォーもいたのだ。誰かに大声で電話を始めたので、聞きたくなくても(聞きたかったけどww)会話が耳に入ってくる。

「はっ? どこ? いつまでかかるの? これ以上無理だけど!」
「だからいったいいつになったら来るわけ? いまどこにいるの? はっきり言えって言ってんじゃん!」
「私が日本人だからこんなことするの? はっ? よく聞こえないって!  大きな声で話してよ!!!!!」

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

なぜあの人は40代からモテるのか