インタビュー

家族から捨てられる父親。夫婦こそ最大のリスクヘッジになるのにもったいない!

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]

母子家庭の貧困を、当事者へのインタビューとデータから描き出した、詩人で社会学者の水無田気流さんによる『シングルマザーの貧困』(2014年11月刊行、光文社新書)。就労と家事・育児の両立が難しい社会を生きやすくするための望ましい方向と、生き延びるためのヒントについて、前編に引き続きお話を伺った。

「ゴキブリ」と呼ばれるお父さん

―― 前編では、制度が変わらないために、母親になるためには「母性信仰」に適応するしかなく、保守的な女性が再生産されている。それによって、制度が変わりにくいとお話していただきました。後編からは、この“変わらなさ”の中で、なにができるのかについてお伺いしたいと思っています。まず、男性が変わる必要はあると思うんですよね。そもそも女性自身は、就労と家事・育児を両立することの難しさは十二分に痛感していると思うんです。

水無田 今って、結婚や出産に関して、若い女性に対する脅し言説が蔓延していますよね。「離婚すると貧困になるよ」「35歳までに出産しないと妊娠しづらくなるよ」みたいな。2013年、政府が少子化対策として、医学的には30代前半までの出産が望ましいといった将来設計を啓発する「女性手帳」を検討しました。たちまち大きなバッシングが起こり、中止になりましたよね。女性からしてみれば「そんなの言われなくてもわかってる!」ってことなんですよね。女性の意識だけを変えれば少子化に歯止めがかかるというわけではない。制度は変わらなくてはいけないですし、男性の意識も変わらないといけない。女性ひとりで子どもは産めないし、育てるのも困難です。これは、社会全体の問題です。

―― 女性の基本的人権としての「働く権利」が機能するようにして、同時に労働力を増やす、そして少子化傾向も改善するように、となったら、当然、社会制度や男性が変わらなければならない。また、家事や育児もしたいけれど、仕事があってなかなかできないという男性もいると思います。もっと家に帰って家族との時間を過ごしたい男性にとっても、性別分業はツラい。

水無田 家庭での男親の存在感の希薄さを感じる出来事がありました。以前、電車の中で60代くらいの女性3人組が「あそこの旦那さん、定年退職直後に亡くなったんですって」っておしゃべりしていたんですね。「まあ……」って言うから、次に「お気の毒に……」と続くと思ったら、「理想的ねー!」って(笑)。あと、授乳室で子どものオムツを変えていたら、6歳くらいの男の子がお母さんに「お母さん、ゴキブリ!」って言い出したんですよ。「えっゴキブリがでたの!?」と思ったら、向こうからお父さんがやってきた。

―― お父さんがいないところでは「ゴキブリ」と呼んでいるんですね……。それだけ家族内で存在を軽んじられて、疎まれている。

離婚は、家族による「父捨て」

―― 妻には夫への不満があり、夫も自分を軽んじる妻に不満を感じる。大きな原因は、家族間のコミュニケーション不足にあるのではないでしょうか。

水無田 仕事にだけ打ち込みたくて、それを許される家族のサポート体制がある人は、そういう働き方をしてもいいと思います。でもそのような働き方は、実は男性でもだんだんできなくなってきている。

たとえば、男性を好んで活用するような製造業や建築業といった第二次産業は、バブル崩壊まで全体の3割強だったのですが、今は2割にまで落ち込んでいます。全就業者の多くが第三次産業に従事し、医療や福祉といった女性が活躍しやすい産業が伸びてきている。男性の賃金水準も、若年層を中心に総体的に低下しています。昇級ベースも鈍化し、若年層ほど片働きで妻子を養う生活は難しくなってきている。だから、共働きで家計破綻リスクに備える必要性が高まっているし、男性が今までと同じように、ただ外で働いていればいいという状況ではなくなりつつある。

それに長時間働いたり、たばこくさい上司の説教を聞くつまらない飲み会よりも、子どもと一緒に過ごしたいという若い男性の声はよく耳にします。そこそこの収入と安定があれば、無理に昇進しなくてもいいから、プライベートな時間を大切にしたいというニーズは高まりを見せています。

―― 誰もが野望を持ち、出世競争や事業拡大に意欲的なわけじゃないですからね。

水無田 しかし、現実には今なお日本は世界に冠たる長時間労働の国です。統計で見ると労働時間は減ってきていますが、これは非正規労働が増えたためで、ホワイトカラー正規雇用者の労働時間はむしろ延びているという指摘もあります。特に30、40代の子育て世代の男性の労働時間が長い。

―― 育児をする男性を指して「イクメン」という言葉が流行りましたが、実際に育児をする男性は増えているんでしょうか?

水無田 多少は増えているのでしょうけど、いまだに日常的に子どもの育児をする養育者は9割が母親です。日常的な直接接触の時間があまりに少ないゆえ、土日にお父さんが子どもと遊ぼうとすると嫌がったり泣き出す子もいるなんて、よく聞きます。不幸な話ですよね。いつも触れあったり遊んだりしていないから、親子なのに基礎的な信頼関係が築けていない。

1 2 3

コメント

コメントする

26 :
2015年05月03日 22:13
>>25

完全に同意。専業主婦叩きは凄まじいですね〜

返信
25 :
2015年05月03日 05:07

>>17
同感。小町とか読んでると、専業叩きが激しい。まあ書いてるのはヒキニート男も混じってそうだけど。
むしろ、専業やりたいのに夫の稼ぎが悪いから働かざるを得ない貧乏パート主婦の妬みが多そう。
「外で働かない主婦」をまるで人間失格者のようにボッコボコに叩いてる。どんなに家事育児をしっかりしてても、収入がないってだけで、まるで社会のお荷物のようにぼろくそに非難の嵐。
見てて空恐ろしくなるほど。

返信
24 :
2015年05月02日 15:44

「夫はATM」って発言、よく考えると、日本人女性の情けなさも表れてるよね。文句ばっかで結局は親のスネ齧ってる大学生みたいな。

返信
23 :
2015年05月02日 13:21

>>2
「女は産む機械」とか言ったエライさんが出るよりずっと以前から、男性は「夫はATM」とか言われてましたね。
「亭主元気で留守が良い」とかいうのも一時期もてはやされていましたね。
その時分の女性はそれをどう取り扱っていたのでしょうか?
男性側が問題視しなければ問題ではないと言うことですか?

家事育児にしろ未婚離婚にしろ両性にそれぞれの課題があるのに、団塊世代の”男”だけを取り上げた発言は性別・世代間闘争を煽りたいのですか?
まぁ、この記事にして既に結婚によるリスクヘッジの有効性の対象を男性に限定しているかのような書きぶりなので致し方ないのでしょうが。

返信
22 :
2015年03月30日 17:18
>>21

うん、でもそれって本当に本来「当たり前」なんだよね
こういう人が「特別」な感じがしなくなくなるといいよね

返信
21 :
2015年03月29日 10:33

うちの夫仕事もするし料理も掃除も洗濯も全部してくれる。
共働きだから当たり前だし、嫌いじゃないからって。
この人の子を絶対に産んで父親にしてあげたい。

返信
20 :
2015年03月20日 11:46
>>18

フェミっぽいこととフェミニストが
混同されてる気がする

大体の自称フェミニストは女が家庭と労働両立する無理ゲーさを唱えているのに
なぜ「家庭をおざなりにして働け!」になるのか

返信
19 :
2015年03月20日 09:51
>>17

フェミの人の「女も全員働け」も怖いけど

頭悪いの?
今までそんな主張をしたフェミニストは国内外合わせて一人もいないよ

返信
18 :
2015年03月20日 05:38

>フェミの人の「女も全員働け」も怖いけど

>なんで少子化が進んでるかって?
>水無田みたいな勘違いフェミBBAがのさばってるからでしょうに

不勉強ワロス
もっと勉強してから発言しろよ恥ずかしい

返信
17 :
2015年03月20日 04:25
>>16

フェミの人の「女も全員働け」も怖いけど
もっと怖いのが主婦同士の足のひっぱりあい。
せめて一人からで自由になって!じゃなくて
ずるいずるい全員引き摺り落としてやるっていう世界。
入る気ないわー。

返信
16 :
2015年03月20日 04:18

なんで少子化が進んでるかって?
決まってるじゃん
水無田みたいな勘違いフェミBBAがのさばってるからでしょうに

返信
15 :
2015年03月20日 04:15

最近は若い世代の男性の間で女離れが進行中とか
未婚男性から捨てられる未婚女性ってワケですね

返信
14 :
2015年03月17日 00:42

大概には『自分の胸に手を当てて聞いてみろよ』な親父だらけじゃないか?

返信
13 :
2015年03月16日 08:49
>>12

>>6の人は自分が家事育児が辛いから
男性にやらせようと言ってる訳じゃないですよ
この上の記事ちゃんと読みましたか?

返信
12 :
2015年03月16日 07:02
>>6

料理はデパ地下惣菜でいいからみんなそろってニコニコ。
洗濯はもうお金かかってもいいじゃん、乾燥までやっちゃえ。
掃除はしなきゃいけないけど
食洗機は絶対。

寝かしつけの時間ぐらいは出そうよ。

返信
11 :
2015年03月16日 06:58
>>8

思うw
90代でまだ元気なんて人は逆に徴兵経験があるから家事ぐらいできたりしてね。
70代80代はまぁ豊かなまま逃げ切れたとういうか。
40代は諦めて堅実にやってるんだけど、間の50代60代の男性の邪魔加減すごい。

返信
10 :
2015年03月15日 17:19

マイノリティへの権利抗議デモとか正気の沙汰じゃないんだけど
あれ極東の島国の誰にも理解されない言語でやってるから大して問題になってないだけで
欧州圏でやらかして英語でニュースが世界に回ってたらアウトだっただろ

返信
9 :
2015年03月15日 17:02
>>8

でも、「伝統的家族」とやらを振りかざしてるのが今のクソ政権なんだよね。
安倍ちゃんとその取り巻きだけがアホなのかと思ってたら、
比較的リベラルだと思ってた谷垣禎一まで同性婚disり始めてびっくりした。
ボクちゃんたちが考えた理想の家族は認めません、っていう、
多様性を許さない風潮が強くなってきて怖い。

返信
8 :
2015年03月15日 11:06
>>7

ほんと今の50代、60代以上の男性ごっそりいなくなってほしい、とか思うことある。笑

子育てに限らず、世の中いろいろな意見や価値観があり、そのそれぞれに敬意を払って生きていきたい・・・そういう社会は人が集まるし活気も出る。

返信
7 : 40歳男性
2015年03月15日 10:22

40代、5歳の子供がいる男性です。最近「イクボス」という言葉を聞くようになりました。男性の育児参加には、会社の経営層や上司が、育児に理解を示すことが重要との発想ですが、非常に納得ができます。いま会社を仕切っているこの世代の人達は、育児を専業主婦である妻に丸投げしてきた人が多く、「仕事ばかりしていて、気がついたら子供が大きくなっていた」などのセリフを何の疑問も持たずに発言される方達です。(その裏には、お前ら若いもんは育児とか言ってないでもっと働けよ、的な意味が含まれています。)こういう発想の人達に人事権を握られ、命令される状況では、なかなか変わらないでしょう。ただこの方達は、最近の女性活用や女性戦力化の風潮により女性の発言には敏感になってきていますので、女性から直接、これらの問題についてボス達に伝える機会を創ることが効果的に思えます。

返信
6 :
2015年03月14日 13:53

官僚も専業主婦の妻に育児を丸投げしている男性ばかりなので、こんな簡単なことに気づかないのだろう。
女性が輝く社会へ!でなく、男性が料理洗濯掃除皿洗いオムツ替え寝かしつけをやれるようになる社会へ!に変えてはどうだろう?

返信
5 :
2015年03月14日 09:44
>>4

プラス、自分の母親も専業主婦だっただろうしね
それ以外の世界を知らないか、
自分の育った環境、知っている世界への肯定が強いかで、
そこから外れる人達は“あってはならないもの”なんだよね

返信
4 :
2015年03月14日 07:38

なんで政府がやらないかは明白!政府は男社会で、妻のサポートに甘えるばっかりの男どもが運営しているから!

返信
3 :
2015年03月13日 23:44

官僚はバカじゃないだろうし、男性の家事育児参加が必要だと気づいてはいるんじゃないかな。
政府にいる人材がダメ過ぎるんだよ…
安倍首相のお友達の勘違い保守の人たち…
早く辞めて欲しい

返信
2 :
2015年03月13日 22:13

日本の政府・官僚達の考えはいつも世論からずれてる。ほんと、国民のどこ見て政策決めてんのって思う。自分たちは働くだけ働いた分だけ、それが給料として得られるけど、一般庶民はそうじゃないよ。やっぱり、子供が欲しいと考えていても、もしくは、今いる子供の将来の事を考えると共働きじゃないと家計をまわしていくのがきつい家庭が多い。それなのに、政府の少子化対策の基本的理念は伝統的な家族(夫=働く、妻=専業、家事・育児すべてを担う)の復活で、それなのに消費税はあがり、平均給料は下がり生活は年々苦しくなっていく。少子化問題をなぜ、女性側の問題として扱うのか。
あとうざい、男のプライド( 亭主関白、女に仕事と給料は負けたくない、女のくせに生意気...etc)と団塊世代の男尊女卑的考え(女は産む機械, 女は夫に尽くせ...)、本当にいらん。
この記事、良かったです。

返信
1 :
2015年03月13日 20:16

>男性の家事育児参加が高まれば、女性のほうは家庭生活満足度が跳ね上がり、第二子を産もうというインセンティブも高まることが分かっています。これは、少子化対策になります。

これ、子ナシの自分の身から想像してみても、そうだと思うし、データ的にもハッキリしてると思うんだけど、なんで政府はやろうとしないのか、ものすごく疑問

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


三 × 5 =

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

シングルマザーの貧困 (光文社新書)