ゴシップ

実は気難しく非社交的、恋愛依存症だった梨花が「180度変わった」のは?

【この記事のキーワード】
『MY NAME IS…RINKA AtoZ DICTIONARY』マガジンハウス

『MY NAME IS…RINKA AtoZ DICTIONARY』マガジンハウス

 3月8日に、梨花(41)がスタイルブック『MY NAME IS…RINKA AtoZ DICTIONARY』(マガジンハウス)をリリースした。この本、予約受付の段階から人気で、発売から一週間近く経過した3月13日現在、Amazonベストセラー商品ランキングの「タレント写真集」「タレント本総合」「演劇・舞台」部門で1位に君臨している。

 私服・私物、私邸のインテリアに家族写真など、素顔を余すところなく公開したこの本は梨花にとって渾身の一冊で、発売日前後はプロモーションのためにあらゆる媒体に出尽くした。結婚してから随分遠ざかっていた、テレビバラエティにも久々に姿を見せた梨花。しかしかつて、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で「乳首クンピ♪」とおどけていた頃とはまったく芸能界のポジションが違う。オシャレなライフスタイルで超人気・憧れモデルナンバーワン、という、ママタレント業界での最高峰に今の彼女は位置している。

「180度変わった」アピが強烈

 梨花といえば、バラエティ出演機会の多かった頃は「男運が悪い」「恋愛依存症」ネタが鉄板だった。自身の恋愛を赤裸々に綴った著書も出しており、遠距離恋愛をしていた当時、「半年は仕事/半年は恋愛」と一年をきっぱり分け、恋愛に没頭している最中はどんなに条件の良い仕事、ステップアップにつながる仕事のオファーが来ても断ってしまっていたと明かしている。しかし現在の夫と入籍し、愛息子に恵まれた今は完全に恋愛への執着から解脱したという。今の彼女は「息子命!」を至るところでアピールしている。

 3月9日に出演した『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、旧知の仲であるSMAP中居正広に「子育てとかちゃんとやってるの? 僕の知ってる梨花さんは、恋愛で頭がいっぱいだったイメージ(笑)」と聞かれた梨花は、「だから今は子供でいっぱいなの!」と笑い飛ばした。梨花といえば、有名Jリーガーとの交際時に生放送で出演予定だったテレビ番組をドタキャンしてデートに行ってしまった話が有名。刹那的で情熱的な恋愛至上主義だった。彼氏との連絡が少しの時間でも途絶えると不安でいっぱいになってしまうタイプだったが、かつての束縛体質が嘘のように、たまに夫が出かけて帰りが遅くなっても「平気」になったそうで、「夜中の2時3時とか、ある程度遅い時間になったらもう帰ってこないでほしい」と笑うほど。

 『MY NAME IS…RINKA AtoZ DICTIONARY』でも、ことあるごとに「子供を産んで、私は変わった」という記述が頻出。とにかく「もう昔の梨花ではない!」ということらしい。それを何度も、何度も口に出して伝えたくなるほど、彼女は現在の自分になれたことを誇らしく思っているのかもしれない。同時に、「今は弱い貴女も、変われるよ!」という読者・梨花ファンへのメッセージでもあるだろう。

 出産と育児によって変わった部分はもちろんあるだろうが、信頼できるパートナーに恵まれたことも大きいのだろう。結婚し、家族ができたことで「最弱で弱虫だった私が最強になった」と述懐する。カレのことを梨花は心から本当に信用しており、自ら築き上げた家族をかけがえのない大事なものと断言する。3歳の息子は平日日中はプリスクール(英語保育を行う保育施設。託児時間は短め)に通うが、毎週月曜はパパが送り迎えおよび家庭保育を担当し、梨花は「思う存分、自由を満喫する」日なのだという。毎週月曜だけは遅くまで仕事をしても、友達と外食を楽しんでも一切問題ないとのこと。彼女にとって一番のヒーローは旦那さんだと明言しており、ご主人は梨花のことを大事にし、「自慢に思ってくれている」のだという。ちなみに息子は現在、サッカー教室にも通っているそうだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

Love!Jane Birkin―perfect style of Jane (MARBLE BOOKS Love Fashionista)