連載

面接(=セックス)はしても「付き合おう」とは言わない…ラッパー男子に聞く”男の本音”

【この記事のキーワード】

ルミコタイトル

 不定期連載・ロリルミ流ちょっとエッチなアーティストインタビュー!! 前回の三島さんに続き、今回はヒップホップ・シーンで注目度が急上昇中の静岡代表ラッパー・Niyke Rovin(ニケロビン)さんが登場してくれました。

niyke031302

Niyke Rovinさんの舌ペロ!

 3月4日にファースト・アルバム『AMAZING STORY』をドロップしたNiyke Rovinさん。収録曲のリリックから彼の恋愛観、そしてセックス観までを探ります!

――まず、3月4日にリリースされたファースト・アルバム『AMAZING STORY』ができるまでの経緯を教えてください。

Niyke Rovin(以下、Niyke)「1年半前くらいに、突然いろんな出会いに恵まれて自分の世界観が変わったんです。それまでも普通に楽しい毎日を送っていたとは思うんですけど、その時期はとにかく毎日みんなで遊んでて、友達を通して仲間が増えていって、めちゃくちゃ刺激的でスリル満点な日々でした。思い返してみると、あの日々は俺にとっての“AMAZING STORY”だったなと。なのでこのアルバムはその頃の出来事をそのまま詰め込んだ感じです」

――妙に人との出会いが多くて常に新しいことに触れる時期ってありますよね! 収録曲の『What’s Happenin’』には、“稼いでなきゃ BITCH ASS”、“ちゃんとしたら女の子と遊ぼう”、“金なきゃ遊べないし”というリリックがあるんですが、Niykeさんはデートでは男が奢るのが当然! というスタンスなんですか?

Niyke「やっぱりお金ないと女の子と遊べないじゃないですか。まあ、こちらがやってあげたくても、お金の都合でできないこともありますけど、できる限りは。その曲を書いた時期は特に女の子と遊びたい気持ちが大きかったのかもしれないですね(笑)」

――金銭的な部分以外で、Niykeさんが女性にしてあげられることは何ですか?

Niyke「とりあえず、一緒にいたら楽しめる……とは思います(自信なさげ)」

――(笑)。また、『OMEN』では、“好きな子がいきなり連絡取れなくなったらツライ”“速攻違う子にデートのコール”と歌っていますが、恋愛では切り替えが早いタイプなんでしょうか?

Niyke「そうですね。ダメだったらしょうがないんで。でも、そもそも自分から女性を好きになったことはもう何年もないんすよね。学生以来ないかも」

(アルバム収録曲『Go Crazy Now feat.DJ TY-KOH』のMVには、“男性経験100人超え”で知られるモデル/ダンサー・立花亜野芽ちゃんが出演!!)

“付き合う”という形にはこだわらない

――えっ!! 過去に恋愛のトラウマでも?

Niyke「トラウマというか、ホントに好きになると、他のことが何もできなくなるタイプなんですよ。好きな女の子とずっと一緒にいれて、安心しちゃうと全く曲作らなくなったり(笑)。それを自覚してからは、そうならないように相手に踏み込まないようにしたり、本気で好きにならないようにしてるかもしれません。本気で好きになれる女の子に出会ったらまた変わるのかもしんないすけど。やっぱり、男を一番満たしてくれるのは女の子ですからね。お金持ってても仲間がいても、一緒にいてくれる女の子がいるのといないのとでは全然違いますし」

――男を一番満たしてくれるのは女!! ということは、相手を本気で好きになることはなくても、全く女っ気のない生活を送っているというワケではない?

Niyke「そうですね、自分が気になった子にいいな~って思ってもらえたら、一緒にいるようになります。でも、実は“付き合う”っていう形を取るのがあんまり好きじゃなくて。付き合う・付き合わないって言葉だけだし、お互いがわかってればいいんじゃないかと思う。だから、相手に『好き』とは言いますけど、自分から『付き合おう』とは言いませんね」

――でもそうすると、女の子から「私たちってどんな関係なの?」って聞かれたりしません?

Niyke「すげえ言われます(笑)。もし相手に『付き合おう』と言われたら『いいよ』とは言いますよ。俺からは言わないだけで。ただ、付き合うって形を取ったからといって何が変わるワケでもないんで、別に気にしなくてもいいと思うんです」

――形式的にきちんと段階を踏みたいと考える人もいますからね。「付き合おう」っていう言葉を交わすだけでスムーズにいくことってあるような気もしますし。やはり付き合う前と後では行動が変化したりしません?

Niyke「うーん……確かに自分の中でこの子は彼女だって思えたら、自分の友達に紹介できるようになるかもしれない。それくらいですかね」

――ちなみに今年31歳とのことですが、結婚願望はあるんですか?

Niyke「いまのところは全然ないっす。最近、友達が結婚したり、子供産まれたりしてるの見るといいな~とは思いますけど、自分がまだしっかりしてないんで、当分ないです。でも、女性は結婚願望ある人も多いじゃないですか。彼女になりそうな子がいたら、事前に結婚願望ないことを話すんですけど、結局それが原因で別れちゃうこともありました」

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する