ゴシップ

愛人グラドルが佐野ひなこへ敵意露わ。タレントも縛られる「女は若くてナンボ」な価値観

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
左:『週刊 プレイボーイ 2014年 12/22号』集英社/右:『週刊 プレイボーイ 2014年 12/1号』集英社

左:『週刊 プレイボーイ 2014年 12/22号』集英社/右:『週刊 プレイボーイ 2014年 12/1号』集英社

 3月15日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、グラビアアイドルの橋本マナミ(30)が出演した。橋本は落ち着きを感じさせるルックスで「愛人キャラ」として売り出し中。3月5日に都内で行われたワコールのイベントでは、「国民の愛人になりたい」とコメントしていた。

 そんな橋本が、同番組のこの日のテーマ“妬み嫉み実名発表SP”に基づいて明かしたのは、若手グラドルの佐野ひな子(20)への嫉妬心。橋本は2年前、当時まだ無名だった佐野とドラマの撮影現場で一緒になり、その数カ月後に佐野が「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙を飾ったことを知り「一気に追い抜かされた」ことに衝撃を受けたという。橋本は芸能界に入って13年間、同誌の表紙を飾ることを夢見ており、それをあっさりと叶えてしまった佐野に嫉妬したということだ。また、その後バラエティー番組で佐野と共演した際、橋本と親しかったお笑いコンビ・ロッチの2人が、佐野ばかりに興味を示していたことも気になっていたそう。

 さらに、自身のグラビアの衣装がヒモや布きれ、手ぬぐいなどを使ったかなり露出度の高いものであるのに対し、佐野のそれがかわいらしい水着であることも妬みの要因で、コンビニに佐野が表紙の雑誌があると、わざわざその雑誌を後ろに陳列し直す小さな嫌がらせをしているという。

 その後、スタジオに佐野本人が登場し、「そう思われてたんだって……胃が痛くなって」と話すと、橋本は本人を目の前にしても「いまは若さだけ」「数年したらくびれもなくなる」と追撃(※佐野は51cmという驚異のウエストサイズを誇る)。佐野が「ランチ会したいです」と和解を迫るも「私は大丈夫です」と拒絶していた。

1 2

messy新着記事一覧へ

イラスト版 30歳から伸びる女(ひと)、30歳で止まる女(ひと)