ゴシップ

「二世帯同居だから」「多忙だから」? 荒川静香の新婚家庭に離婚危機の噂が勃発

【この記事のキーワード】
『MOTO NAVI 2013年 04月号』ボイス・パブリケーション

『MOTO NAVI 2013年 04月号』ボイス・パブリケーション

 2013年3月に路上キスをスクープされた外科医男性と、同年12月に結婚したプロスケーターの荒川静香(33)。妊娠中には臨月にスケートをしていたことが判明し、昨年11月に長女を出産した直後も生後1カ月の娘を連れて早くもスケートをしている姿が目撃されたりと、相変わらずスケートが生活の一部と化している彼女だが、ここにきて夫との仲が危ぶまれている。というのも、一部ネットニュース媒体にて報じられた、「最近、ダンナさんが帰って来ないらしいんです」という芸能記者の言葉が広まっているからだ。

 荒川は独身時代に、実家を新築するにあたって都内の一等地に二世帯住宅を建設。地下1階、地上3階建ての広々とした一軒家だそうだが、結婚後、荒川と夫は荒川の実両親とその家に同居している。荒川の夫は、外科医として総合病院に勤務している。外科医という職業柄、多忙のあまり自宅に帰れないということも珍しくはなさそうだし、荒川の両親との同居についても夫は快く了承していたそうだが……。

 荒川といえば、糖尿病を患った父親が彼女の結婚や孫を望んでいたため、独身時代は婚活に励んでいたという話もあった。その後、母親同士が知り合いだったというきっかけで、現在の夫とお見合いのような形で知り合った荒川は、見事彼とゴールイン。結婚翌年には子宝に恵まれ、スケート解説者としての仕事も順調でアイスショー開催にも意欲的、スケート連盟副会長に就任するなど順風満帆に見えた。しかし入籍からわずか1年と少しで夫婦に亀裂が生じてしまったというのだろうか?

 ネット上でこの話題は拡散され、「義両親との二世帯同居は、男女関係なく誰だってイヤでしょう」と、荒川家の両親同居スタイルに批判的な声や、「働き盛りの勤務医なんて死ぬほど忙しいし夜勤もあるから、家にあまりいなくても普通では?」と問題視しない声など様々な意見が飛び交っている。

 荒川としては、現役時代に献身的に支えてくれた両親への恩返しとして、はなから両親との同居は結婚の大前提だったのかもしれないが、確かに「元の家族3人」に新しく加わった夫の心境が複雑であろうことは想像できる。妻一家の建てた豪邸にマスオさん状態で、なおかつ妻はプロスケーターや解説者として十分な収入があり、娘の面倒も義両親が見てくれるとなると、家庭内での役割を見失ってしまうこともあるかもしれない。男は「もっと家族として関わってほしい」と求められれば負担に思い、「いなくても大丈夫」と突き放されれば悲嘆に暮れるものである。

 しかし夫妻の結婚生活はまだ始まったばかりで、愛娘も生後たった4カ月。新しい家族をこれから長い年月をかけて築いていくスタート段階だ。ここで外野がワイワイ騒いでも事態を悪化させるだけだろう。つい先日、スザンヌが「産後は子育てでいっぱいいっぱいになってしまい、配偶者を思いやれなかった」と離婚を発表したが、実両親の子育て支援を得ている荒川は果たしてどうだろうか。彼女はすでに、一番リラックスできるというスケートリンクの上に立つ時間を確保し氷上復帰しているが、ただでさえストレスの温床になりやすい義家族同居生活なだけに、些細な「すれ違い」が大きな溝を生む前に意識の調整が必要なのかもしれない。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

マスオさんが教えてくれたこと (自然派マスオさんに学ぶ幸福(しあわせ)の見つけ方)