カルチャー

子供じみた「ガキ夫」顕在化で議論白熱。貴方の「家庭・家族」解釈は?

【この記事のキーワード】
斉藤和巳オフィシャルサイトより

斉藤和巳オフィシャルサイトより

 昨年から「離婚カウントダウン」と噂が立っていたスザンヌと斉藤和巳夫妻がついに離婚を発表した。愛息の誕生からわずか1年での破局。原因は「すれ違い」だとしている。この離婚発表の前日(3月16日)に放送されたNHK『あさイチ』の特集テーマが「ガキ夫」だったのだが、「斉藤はまさにガキ夫だったんじゃないの?」という意見が散見される。

 「ガキ夫」とは、大人なのに家の中では「まるで子供」のように振る舞う夫のことを『あさイチ』が命名したものだ。具体的な行動は、洋服を脱ぎっぱなしにする、妻が家事を頼んでも気まぐれにしか応じない、問題行動を指摘するとスネる、休日は家族を放ったらかしてゲームばかりしている、家族よりも自分の趣味を優先する、など。

 こうした夫を「ガキっぽい」と感じる妻側の意見と、「ガキでもいいじゃないか!」という夫側の意見がスタジオで激しく対立し、視聴者もネット上で活発に意見交換するなど盛り上がった。『あさイチ』によるアンケート調査では、8割の女性が自分の夫を「ガキ夫」だと回答したという。男性側も自覚があるようで、スタジオゲストの俳優・蟹江一平は「ガキ夫の自覚は120%ある。ガキ夫じゃない男なんて逆にいるのか?」と白熱していた。自宅なのだからゆっくりくつろぎたい、というのが男性たちの主張である。

 そもそも、「くつろぎ」とは何だろうか。デジタル大辞泉を引用すれば【くつろ・ぐ(寛ぐ)】は、

仕事や心配ごとなどを忘れて、伸び伸びとする。

心身をゆったりと休める。

気がねなくのんびりと振る舞う。

 とある。休日は、誰にも気がねなくのんびりと振る舞って心身をゆったりと休め、仕事や心配ごとから解放されたい――そんな気持ちを持つこと自体は悪いことではないし、夫だけではなく妻も当然同様の思いがあるだろう。「いっそ、休日は父も母も子も家族全員、誰も忙しそうにしないで“くつろぐ”ことにしてみたらどうか? 規律が乱れていてもいいじゃないか。食事も外で食べればいいし、洗濯物を回さなくてもいい」なんて意見は一見リベラルな解決策に見えるが、溜まってしまった洗濯物はいつ誰がまとめて洗うのか、汚れた部屋を翌日以降に整頓するのは誰なのか、外食代は高くつく、といったデメリットも発生する。また、「汚れた衣類やシーツがあるのに、お休みの日に洗濯しないと心が落ち着かない」という主婦(or主夫)の意見もありそうだ。

1 2

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

mamazanne ママザンヌ