連載

後悔先に立たず…アラサー・アラフォー「美女」の条件は容姿だけではない

【この記事のキーワード】

asukatitle001

以前の仕事柄、周りに美女が多いと思う谷川ですが、その人生はさまざまだなと感じる今日この頃。
顔が綺麗、肌が綺麗、スタイルがいいなどの見た目の美しさだけでなく、
仕事ぶり、思考、ライフスタイルが伴わないと美女とは言えないかもしれないと感じる機会が増えました。

私には起業するきっかけのひとつとなった女性がいます。
彼女の当時の年齢と同い年くらいになったからなのか……
「誰がどこから見ても美女!」という女性ではなかったけれど、美しい人だったなぁとふと思い出しました。

Photo by Marianna Di Ferdinando from Flickr

Photo by Marianna Di Ferdinando from Flickr

そこで、今の私が思う【アラサー・アラフォー美女の条件】を考えてみました。

・容姿への美意識が高く、何かしらの努力をしている。
・経済的に自立している。
・明確な目的を持って生きている。
・日々進化している。
・甘え上手だが頼りがいもある。
・何事にも丁寧に対応する。
・人と物を大切にする。
・どんな人ともバランス良く関係を構築できる。
・心に余裕がある。

気付いていた人にとっては当たり前のことかもしれないけれど、
この「一見普通のこと」がいかに大切かということを、十代から渋谷・新宿・六本木を駆け抜け、三十代半ばに差し掛かるアホな元グラビアタレントは気が付いていなかったのです。
正直「女は見た目が良ければオールオッケーでしょ♬」なんて思っていました。

もちろん「花の命は短い」ということは知っているつもりだったので、グラビアは早めに切り上げました。
しかし「つもりはつもり」……深意には至ってなかったのですね。

自分の未来図を、アラフォー独身美女でも日替わりで男性からお誘いを受けて、毎晩豪華な食事や高級ワインを飲んで楽しんでいるなら問題ないかも!
と楽観視していたものの、
ひとりになる時、自分自身と向き合う時の心の闇は計り知れないんじゃないかと気付きました。

見た目の美しさにとことんこだわり、美容整形の力で美を保ち、容姿を武器にお仕事をされている「その道のプロ」の女性も否定しません。
しかしその場しのぎで、「稼いだ財産を老後のために資産運用する必要性」などを考えていない、計画性の乏しい人の姿は、美しいとは思えなくなりました。

だからといって『結婚して子供を産んだ美女が勝ち組ですね!』と言いたいわけではなく、
『日々の生活に追われる』というのは、必ずしも『仕事で忙しい』など苦痛な時間だけではなく、『楽しい時間』も含まれるので気をつけなくてはならない
ということを、自戒とともに、なんとなく毎日を過ごしている方にお知らせしたかったのです。

自分の思い描く「美しい姿の基準」を、もう一度考えてみてはいかがでしょうか?

■谷川明日香/ 芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。公式ブログ、Twitterアカウント(@t_asuka)、Lagrangeオールインワンメンズケア

backno.

 

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

嫌われ松子の一生 通常版 DVD