連載

モラハラ男は変わらないのか? DVを解決するたったひとつの方法

【この記事のキーワード】

haruka-top

 DVに気づいてから、私は彼に何も告げないまま夜逃げし、行方をくらましました。

 彼に逆らうなんて考えただけでも恐ろしくて、「暴言をやめてほしい」「別れてほしい」なんて、とても言えなかった。

 一人では、とても彼と別れることはできなかったと思います。

 女性センターの相談員や、DVの支援団体の方、弁護士など、専門家からアドバイスをもらえたことは、大きな支えになりました。

「話し合えばわかる」のウソ

 よく、DV・モラハラを受けている女性に対し、「きちんと話し合えばわかるはず。あなたが弱気だから、彼が付け上がるのよ」「我慢してしまったあなたも悪い」などと言う人がいます。

 二人の関係が、暴力の無い、平和で安全なものだったら、話し合いも可能かもしれません。

 暴力は、言葉を封じます。殴る、怒鳴る相手に、意見なんて言えるわけがない。

 彼や夫の機嫌を損ね、さらなる暴力を受けてしまう危険性もあります。

 DV・モラハラは話し合いでは解決できないのです。

 日本では、加害者への法による拘束力は、「保護命令」(被害者へのつきまといや、被害者の住居・職場等の近くを徘徊することを禁止する命令)しかありません。

 DVをやめさせるには、被害者である女性が、パートナーから逃げて姿を隠すしかないのが現状です。

 でも私自身、知識としてはわかっていても、そう簡単には割り切れませんでした。

 彼のことが好きだったし、6年間一緒に暮らした情もあります。彼に私のつらい気持ちをわかってほしい。暴力を認めて、謝ってほしいという気持ちもありました。

「彼といても、幸せになれないことはわかる。でも、彼を失いたくない。一人で生きていく自信がない」

 そう思い、悩みに悩みました。

 迷い、混乱する私の背中を押したのは、女性センターのDV相談員の言葉でした。

相手の気持ちを思いやる必要は無い

「彼が変わる可能性はないのでしょうか? 話し合いで解決はできないのでしょうか?」

 彼の外出の隙を縫って、私はよく都の配偶者暴力相談支援センターに電話をかけていました。

 精神的にも肉体的にも参っていたとき、相談員さんの落ち着いた声に、何度勇気付けられたか知れません。

「残念だけど、彼に期待しても無駄だと思う。あなたが傷つくだけよ。

だって、考えてもみて、今までの付き合いの中で、彼が一度でもまともにあなたの意見を聞いてくれたことがあった? 自分の間違いを認めて、謝ってくれたことがあった?」

「……ありません」

 彼は、「普通は〇〇だ」「常識では〇〇だ」「女はこうするものだ」という言葉を好んで使いました。

 そして、それができない私を、「世間知らずだ」「わがままで自分勝手だ」「こんなこともできないのか」と言ってなじりました。

 私が何か意見すると、ものすごい勢いで反論され、結局はいつも言い負かされてしまう。

 彼の言葉は私の中で内面化され、私はいつしか、「全部彼の言うとおりだ。私はなんてダメで、バカな女なんだろう」と思い込むようになっていました。

「でも、夜逃げなんて……。彼がどう思うか」

 もし私がいなくなったら、彼は一人でやっていけるだろうか?

 食事作りや、掃除など、彼はきちんとこなせるのだろうか?

 家事など何もできない彼のことを思うと、彼のこれからの生活が心配でなりませんでした。

「彼の今後を思いやる必要は無いの。あなたが正しいと思う選択が、正解なのよ。

あなたはずっと、彼を一番に考えて、自分を抑えてきたのよね。そんな中で、『DVを受けている』と気づけたことは、すごいと思う。

これからは自分を優先していいの。自分を大切にして」

 相談員の女性は、優しく、でもきっぱりとした声でそう言いました。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)