ゴシップ

hitomiも紗理奈もスザンヌも。ハイクオリティのマタニティヌードが離婚を引き起こすワケ

【この記事のキーワード】
上:スザンヌオフィシャルブログより/左下:『JAM』ファー・イースタン・トライブ・レコーズ/右下:『LOVE LIFE 2』エイベックス・エンタテインメント

上:スザンヌオフィシャルブログより/左下:『JAM』ファー・イースタン・トライブ・レコーズ/右下:『LOVE LIFE 2』エイベックス・エンタテインメント

 2011年12月に、当時ソフトバンクホークスのコーチを務めていた斉藤和巳(37)と結婚し、昨年1月に第一子となる男児を出産したスザンヌ(28)が今月17日、離婚を発表した。この報を掲載した「女性セブン」(小学館)の発売に先立ち、自ら発表したという最近よくある展開だ。

 翌日行われた会見でスザンヌは、現在は野球解説者として活動する元夫・斉藤から離婚を切り出してきたこと、すれ違いにより離婚へ至ったこと、そして「私が出産、育児にいっぱいいっぱいになってしまい、彼に対して思いやりを持つことができなかったのかもしれません」と、妊娠・出産による環境の変化が離婚の一因であるとも語った。出産以降のスザンヌは、ブログで外出の様子を綴れば「外出すぎ」など炎上するなど、“ママタレ”としての批判にさらされていたが、今回の会見を経てスザンヌへの同情票が集まっており、今後はこうした批判も和らぐことだろう。

 さて、スザンヌといえば妊娠中である2013年11月にマタニティフォトを公開し「一生思い出に残るようなすてきな写真が撮れたので、ぜひみなさんにも見てほしいです」とコメントしていた過去がある。当時ブログでもマタニティビキニ姿のプライベートショットをアップしていて、まさにマタニティハイ街道をばく進していた。ここで気になるのは、マタニティフォトを公開してしまった女性タレントがその後、離婚という展開を辿るケースが多い、とのジンクスである。

 hitomi(39)はその筆頭だろう。昨年6月、3年ぶり3度目という、甲子園出場強豪校か! と突っ込みたくなる再々婚を果たしたが、二度目の結婚・出産後に発売されたアルバム「LOVE LIFE 2」(2009年6月発売)のジャケットに、妊娠時に撮影した自身のマタニティヌードを採用している。2011年に離婚した。

 2008年12月にTELA-Cと結婚し、2010年2月に長男を出産した鈴木紗理奈(37)は、hitomiと同じくアルバム「JAM」(2010年3月10日・MUNEHIRO名義)のジャケット写真で妊婦時代に撮影したマタニティフォトを公開した。2013年に離婚。

 元夫・オーランド・ブルームとの仲睦まじい様子をいつもパパラッチにキャッチされていたミランダ・カー(31)は2013年10月に離婚しているが、妊娠中に発売された「W Magazine」(2010年12月号)で、やたら芸術的なモノクロのマタニティヌードを披露している。その他、ブリトニー・スピアーズ(33)は次男妊娠時の2006年に「Harper’sBAZAAR」でマタニティヌード公開、翌年に離婚成立。2008年に行われた全国ツアー最終日に妊娠を明かしファンらを驚愕させたリア・ディゾン(28)は、これとほぼ同時に結婚も発表したが、2010年に離婚。前年にマタニティフォトを雑誌で披露していた。2000年に結婚したアメリカ人男性と離婚協議中の武田久美子(46)も、妊娠当時、妊婦ゆえの黒乳首全開のカラーマタニティヌードを公開している。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

HOW TO BE A MOTHER 「子育てしながら」マタニティの日々