ゴシップ

観月ありさと上原さくらの元夫・青山社長の結婚に不倫→略奪疑惑も?

【この記事のキーワード】
『Body+ 2012年 06月号』実業之日本社

『Body+ 2012年 06月号』実業之日本社

 22日、女優の観月ありさ(38)がかねてから交際していた建設関連会社社長の青山光司氏(42)と結婚したことを発表した。

 昨年4月にはタヒチ旅行をキャッチされたり、青山氏が観月との結婚のために推定10億円ともいわれる豪邸を建設中との話もあった2人。1年半ほどの交際を経てのゴールインとなる。数々のドラマで主演をこなしてきたベテラン女優と実業家の結婚はイメージとしては大変華やかなもので、祝福の声が溢れそうなものだが、ネット上では「ホントに大丈夫?」「素直に祝福できない」と不安視する見方が強い。

 それは、青山氏の前回の結婚・離婚がかなりの泥沼展開だったせいである。青山氏といえば、かつて元タレントの上原さくら(37)との結婚、そして暴露試合の離婚劇を繰り広げた人物である。上原との婚姻期間中に、自身が社長を務める会社の所属隠しが発覚したり、離婚騒動の過程で上原が自殺未遂を図ったり、上原と青山氏とのいざこざについて綴った“遺書メール”や上原が「夫を殺したい」と語る肉声テープの存在が明るみに出たりとひどい騒動だった。最終的には上原の不倫現場が週刊誌スクープされたことで、慰謝料ゼロでの離婚成立となったようだ。

 また、2008年に元C.C.ガールズの森洋子(42)のベッド写真が流出し、それが原因で森が所属事務所を解雇される事件があったが、この流出元として森の元交際相手である青山氏の名が浮上したことも。俗にいうリベンジポルノ疑惑である。そんな黒い噂のある青山氏と結婚したことで、観月の今後を案ずる声が多数出ているのだ。

 とはいえ、観月だって何も知らないお子様では当然ない。幼少期から女優活動をしているので幼いイメージを抱いている視聴者もいるかもしれないが、もう30代の女性である。4歳から芸能界に身を置き、アラフォーまで独身を貫いてきた観月はこれまでたくさんの男性を見てきただろうし、酸いも甘いも噛み分けてきたはずだ。そんな彼女が選んだのが青山氏なのだから、きっと何の問題もない……と思いたい。

 観月は青山氏と上原が結婚していた当時から彼らと親交があり、離婚時には双方から相談を受けていたという。彼の泥沼離婚劇を間近で見た上で、その人柄に惹かれて結婚を決意したということだ。一部では、「上原との離婚の原因は観月との交際だろう」という不倫略奪婚に疑惑の目が向けられてもいるが……。

 青山氏はフェラーリ収集家であることや、その容姿や服装が若々しいことから「チャラそう」と揶揄されることも多いが、親交があるというテリー伊藤は『スッキリ!』(日本テレビ系)にて、「チャラそうに見えるけど、実はいいヤツ。男が惚れる男、というタイプ」と賞賛している。観月は初婚、青山氏は再婚となるが、妙な噂はどこ吹く風で幸せな結婚生活を送ってほしいものである。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ナースのお仕事1 DVD-BOX