ゴシップ

三児母・新婚・不倫バツイチのトリオ。矢口真里らの脱毛イメキャラ就任に批判続出

【この記事のキーワード】
辻希美オフィシャルブログより

辻希美オフィシャルブログより

 元モーニング娘。の矢口真里(32)、辻希美(27)、高橋愛(28)の3人が、全身脱毛サロン・脱毛ラボのプロデュースによる新ユニット「脱毛娘。」を結成した。

 3月22日、都内で同ユニットの始動会見が行われ、3人が出席。今回のユニット結成について矢口は、「三児のママと新婚とバツイチですからね。脱毛ラボさんもすごいところに切り込んできたなと」とコメントし、すでに体験済みという同サロンの施術を「衝撃を受けるぐらいに優しい脱毛。全身、目の下から全部です。今はツルスベを目指して頑張っています」とアピール。また、交際中のモデル・梅田賢三との再婚について報道陣から問われると、「全くないワケではないので、可能性はゼロではない。男女の関係ですから、わからない」とサービストークを提供した。

 しかし、この「脱毛娘。」、元モーニング娘。を起用したかったということだけは分かるが、なぜよりによってこの3人なのか? 低身長ユニット「ミニモニ。」所属経験のある3名という共通点はあるが、矢口自身が口にしたように、「ママ」「新婚」「バツイチ」の組み合わせは斬新。特にクローゼット不倫事件で好感度急落した矢口をイメージキャラクターに起用する判断は画期的である。ネット上では「なんで脱毛エステなのにこの3人?」「矢口と辻と一緒に仕事なんて、高橋愛が気の毒」と批判的なコメントが続出している。

 脱毛サロンといえば、一昔前に比べて低価格が進み、多くの女性にとって身近なものになった。ここ数年で店舗数が激増し、熾烈な生き残り競争が勃発しているが、そんな状況下で他店との差別化を図る一手として、キャラクター起用戦略は重要だ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ローラの秘密 (OR books)