インタビュー

夫が100万人に1人のガンに罹ったら? 家族が患者にできること

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]

 『小学生男子(ダンスィ)のトリセツ』(扶桑社)など、コミカルなどたばた育児漫画を描かれてきたまきりえこさんが『夫が骨肉腫になりました』(扶桑社)を今年2月に出版されました。

 この漫画は、タイトルどおり、夫の「クロとら」さんが、骨肉腫になってしまったお話を描かれています。闘病記のようでもあり、家族モノの漫画のようでもある、まきりえこさんらしい漫画です。

 骨肉腫とは、骨にできるガンのことで、特に膝や肩周辺にできやすいといわれています。10代20代と若い人がかかりやすく、100万人に1、2人がかかる希少なガンです。現在は治療法が確立されており、5年生存率は70%程度(国立がん研究センター)。

 インタビュアーもまた、「骨肉腫」の経験者です。誰もがパートナーや自分が、突然、病気に罹るリスクを持って生きています。他人事だと思っていた病気が自分事になったとき、いったいなにができるのか、まきさんにお話を伺いました。

病気で滅入るのは患者だけじゃない

―― 冒頭から私事で恐縮なのですが、実は僕自身が骨肉腫で2年弱入院していたこともあり、「あるある!」と思いながら漫画を読んでいました。まずクロとらさんが病院に行く前の「なんか足が痛い」というお話。この「なんか」がとてもよくわかるんですよね。最初は本当に微妙な痛みなんです。当時、クロとらさんからその話をされて、どんなお気持ちでしたか?

まき 当時小学校6年生の息子が急性腎炎で1カ月ほど入院していました。病状は改善せず、命の危険もあって、私は病院に泊り込んで息子の看病をしているのに、そんなときにかまってちゃんのように「足が痛い」と言い出す夫。泊まりがけの看病に忙しくて夫への目配りが行き届かなかったこともありますが、私は一緒に子供の看病に気持ちを向けてくれない夫への不満で、夫の発信する病気のサインを見逃してしまったんです。

―― 医師ではないので一般化できませんが、本人ですら「成長痛かな?」と思うような痛みなので、ご家族が気づけないのは仕方ないと思います。その後、クロとらさんは「骨巨細胞腫(こつきょさいぼうしゅ)」という良性腫瘍と診断されていたのが、手術中に悪性腫瘍だと判明する。やはり混乱されたのではないでしょうか?

まき そうですね。骨巨細胞腫を取り除く手術中、家族は別室待機だったのですが、いきなり手術室に呼ばれて「患部を開いてみたところ悪性のようです。手術中止の承諾書にサインをください」と言われたんです。良性と聞いていたので、目の前が真っ暗になりました。

夫への告知は「術後一週間の病理検査を待って」ということでしたが、麻酔から覚め、手術時間が短かったことを訝しがる夫に、一週間も隠し通す自信がなく、悪性腫瘍の可能性があることを医師に告げてもらいました。夫はかなり動揺していましたね。でもまだ「確定」ではなかったので、検査結果が出るまでの一週間は日頃不信心な夫が「違ってますように!」など神様だかに祈り続けていました。

―― そして一週間後、あらためてやはり「骨肉腫」だったと告げられる。

まき 夫は「骨肉腫」と聞いてさらに動揺したみたいです。「悪性腫瘍とは思っていたけど、骨肉腫なんて!」って。私は夫よりも先に聞いて、動揺から立ち直っておいてよかったと思いました。夫婦で右往左往したらどうにもなりませんから。

―― 僕は井上雄彦さんの『リアル』(集英社)という漫画に、骨肉腫で足を切断した登場人物がいたので「あの病気かー」と思いました。ちなみに、クロとらさん同様、足に多少の障害が残りましたが切断はしていません。おふたりにとって「骨肉腫」という病名は相当なインパクトがあったんですね。

まき ええ、ちょっと前はドラマや映画では骨肉腫って怖い病気の代名詞として使われていたんですよ。私も夫もそういうドラマを見て育ってきたので…

―― 調べてみたところ、映画『翼は心につけて』(1978年公開)、ドラマ『わが子よ』(TBS)などで骨肉腫が描かれていました。

まき 骨肉腫は若い人が発症することの多い悪性腫瘍なので、若くて健康だった登場人物が悲劇的に亡くなる病名として、ドラマや映画に使いやすかったんだと思います。昔は足など腫瘍のある箇所を切断する治療法で、またその甲斐もなく再発をして亡くなられる方も多かったようです。

医師には、「いまは治療法も確立されて、生存率も大幅に上がっている」と説明されました。ただやっぱり「骨肉腫」という病名は恐ろしかったですね……。

1 2 3

コメント

コメントする

4 :
2016年01月03日 04:46

扱っていた医療機器は、ロシア製のイメディスと言う検査器、治療器、それに、特殊な磁力を使って各周波数帯の幅を大きくする事に成功しました。薬は一切使いません。
また、ナノメーターバブルの高圧圧縮泡に治療用周波数を封じ込めて毛穴や肺の細胞に直接的に反応するようにモディファイしたものも使っていました。(肺がんの人は、素晴しい効果が出ていました。)
今、この治療法は、ヨーロッパで、かなり普及してきましたが、日本では、まだまだです。アジアでは、シンガポールがこの治療を盛んに取り入れています。今、世界中でこの治療医院が乱立し始めていますが、似非メーカー、似非クリニックが多いので要注意です。
我々の使っていた検査器は、基本データが違い、一般の医療用検査器よりも遥かに深いデータを取る事が出来ます。
例えば、C型肝炎の患者さんが居るとします。その患者さんが、何時、肝炎に感染したか?「例えば、何年何ヶ月前に口から入っている。」とかの病気のヒストリーも読み取れます。
あと、どの様な薬物を使ってその薬物の拒絶反応が違う病気を引起しているとか、かなり細部にわたって解ります。(例えば15年前に使った麻薬の検査も出来ます。)
まあ、一度でもこの検査器で検査の経験をすれば、今までの医学的な基本知識が全て引っくり返ります。
ただ、経験していなければ、まず、信用しないでしょう。
私の経営していたクリニックは、大病院で既にさじを投げられた、いわゆるファイナルステージの末期の患者さんが最後の頼みの綱で来ていた様なところです。
治療が止まってしまえば、死を待つだけの状況だったのです。
因みに、放射能に汚染されて被爆した患者さんも、特殊なマイクロチップを使った連続投射(48時間)で完全に身体から放射能を排出させる事にも成功しております。
命に関わる真剣な相談でしたらご紹介します。

返信
3 :
2016年01月02日 09:48
>>2

日本でも有象無象のがんの民間療法があります。
先日なくなった川島なお美さんは民間療法のみに頼る事は間違いだと遺書に書いておられました

民間療法=オカルトだとかプラセボだとか思いません
人間の体は不思議なもので自分に合う治療法であれば西洋医学で証明されなくても
劇的に効果があるケースは本当にあると思っています

しかし末期がん患者含めて8割完治というのは
医学会をひっくり返す実績です
具体的に何という診療所でどんな治療法を行っていたのですか?

癌の標準治療に取り入れられれば数多くの命が救えるはずですが
まさか製薬会社の陰謀があって出来ない、なんて言わないでください。

クリニックが潰され末期の患者が全員亡くなったのはなぜですか?
例えば何らかの自然療法やレイキ気功に準ずる人間の持っているエネルギー治癒力を引き出す等の行為は
高度な医療機器は必要ないでしょうし…
その辺り身内に癌患者がいる身としてとっても気になります

返信
2 :
2016年01月02日 02:09

3年前まで、海外でガン専門の診療所を経営しておりました。
要約して言えば、ステージ2、ステージ3、くらいの患者さんであれば、
3ヶ月くらいの治療で、ほぼ8割くらいの確立で完治させていました。
ステージ4、ファイナルステージの患者さんが多く来ていて、
骨肉腫の患者さんも何人か完治させて居りました。
平均、日に、120人から150人くらいの患者さんが治療に訪れていたのです。
ある日、警察のNo2、お偉いさんの奥さんを治療しましたが、
治療中に抗がん剤を他所の病院で投薬されて、ショックで亡くなってしまったのです。
問題は、この医師が政府の要人を扱っている権威のある医師だったので、
自分のミスは、絶対に認めません。
警察と保険省に手を回して、我々の病院を閉鎖させてしまいました。
勿論、回復に向かっていた数十名の末期がん患者は、半年くらいの間に、
全員、亡くなってしまいました。
最後の最後に生きようと願いを託す人たちを殺しているのは、薬と病院です。
でも、世界で、一番、マトモな病院は、日本の病院です。
でも、抗がん剤を使ってがん治療した患者の生存率は、5年以内で3%です。
97%の患者は、死んでいるのです。
この数字は、ハンドガンで人間を撃って死ぬ死亡率67%よりも、
はるかに高い数値です。

返信
1 :
2015年03月27日 00:15

身内はガンで亡くなったけど、肉腫と聞くとまた別のとショックを覚える
同僚が若くして発病し、ろくに治療をする間もなくあっさりと亡くなってしまったことを思い出す
どうしてこの人なんだろう?と思ったよ

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


二 × 2 =

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

夫が骨肉腫になりました