ゴシップ

「俺はあと10年」どれほど批判されても揺るがない、加藤茶から綾菜への無償の愛

【この記事のキーワード】
加藤茶オフィシャルブログより

加藤茶オフィシャルブログより

 3月26日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に、加藤茶(72)&綾菜(26)夫妻が登場した。

 同番組では綾菜が仕掛け人となり、「宝くじで1億円当たったらどうするか」というドッキリを加藤に仕掛けた。1億円が当選したことを知った加藤は驚き、そして喜んでいたのだが、綾菜にその1億円で欲しいものを聞かれても「バナナ10本」と答えるなど欲のない様子であった。

 しかし、彼女に「1億もあるのだから仕事を辞めて海外移住をしよう」と提案されると、加藤はきっぱり「仕事は続ける」との意思を見せた。

「お金の問題じゃなくて、仕事やりたいのは自分の夢なんだよ」
「いつまでも『加トちゃん』って言われたい。だから仕事は辞めないで、相変わらず一生懸命やる」
「(1億円は)俺が何かあったときに、あーたん(綾菜)のために使いな。あーたんには申し訳ないけど、頑張って生きても俺あと10年だと思うんだよ。自分の中ではそう思ってるんだよね。だから俺がいなくなったときに……」

 芸人としてのプライドを見せ、72歳という自身の年齢を考慮し妻を思いやる場面もあったこの夫妻のやりとりに視聴者からは「なんかせつない」「奥さんのこと本当に愛してるんだね」としんみりした感想が相次いだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

宝くじが当たったら