ゴシップ

misonoが超長文・意味深ブログで元彼かぶり事件暴露…ウチウチ病健在

【この記事のキーワード】
misonoオフィシャルHPより

misonoオフィシャルHPより

 28日、タレントで歌手のmisono(30)が自身のブログで女友達と元彼が被った経験について綴った。

 同記事でmisonoは、元SDN48の野呂佳代(31)と友達になったいきさつを「“misonoの元彼をキッカケに”仲良くなれた」と明かし、さらに「“(藤井)リナと、ウチの当時の好きな人”も、“野呂ちゃん事件”と、同じような事が、あって(笑)」とも記した。どうやらmisonoは、かつて野呂やモデルの藤井リナ(30)と彼氏や好きな人が被っていた時期があり、それを機に彼女らと親しくなったということらしい。

 一人の男性にmisonoと野呂が二股をかけられていたのか、それともそれぞれ交際時期は違ったのだろうか。また、藤井と同じ人を好きになった時は、どちらかが身を引いたのだろうか。詳細は不明だが、misonoは「“男”が絡むと“女同士が仲悪くなるパターン”の方が多いんだろーけど、自分や、misonoの周りの女の子は、違くて、自分は、恋愛よりも、友情をとるし」と説明していた。

 misonoといえば、昨年8月のブログで元いいとも青年隊の岸田健作(36)と過去に交際していたことを明かしてもいた。この時もネットでは「話題作りに必死」「今さらすぎる」と冷めた反応が目立っていたが、今回の元彼被り事件暴露も「なぜ今さら」「野呂と藤井はいい迷惑」とうんざり気味の批判が相次ぐ。“恋愛より友情を優先するmisono”アピールにも、「わざわざ言うことじゃない」「他の女を落として“ウチはそんな女じゃないから”と自分アゲするのって最悪」と批判的な反応が多い。

 自身のブログがネットで話題になるたびに、「怖い、このあとニュースになる」「批判と叩かれ具合がすごい」と恐怖感を覚えていると漏らしたことがあったmisono。それならば書かなければ良いのにと思うが、本人の意に反してなのか、はたまた書かずにいられない性分なのか、彼女のブログは常に超長文かつ意味深な記述が多く、かまってちゃん傾向が強いものである。ブログが話題になるのが嫌なのであれば、告知ツールとしてのみ活用するという選択肢もあるが、そうはせずに「ウチは~」全開なのがmisonoだ。自分を解放し、自己主張しまくりの彼女にはある意味で清々しさすら感じるが……。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術