ゴシップ

NEWS手越祐也が股間を見せつけ過ぎていると話題に

【この記事のキーワード】
tegoshi0330

アイドルです。

 3月29日夜に放送された『世界の果てまでイッテQ!春のシャッフルSP』(日本テレビ系)で、NEWS・手越祐也(27)がかなりキワどいポージングにチャレンジしたと話題だ。

 この放送では、イモトアヤコ・ベッキー・いとうあさこの3名がフィンランドで寒中水泳をしガチ相撲をとったり、デヴィ夫人と出川哲郎がイタリアで動画撮影をしたりみどころは多々あったが、何と言っても目が釘付けにならざるを得なかったのは、手越のボディペインティングだ。

 手越は「ミステリーツアー inイギリス」と題し、ロンドンのミステリースポットを巡った。最後に、いとうあさこが過去に披露して「体張り過ぎ」と騒がれた、パンツ1枚でのほぼ全裸ボディペインティングに挑戦。乳首にニップレスを貼ってベージュ色のパンツ一丁になり、全身をペイントされていく手越。体毛が薄く、細すぎず太すぎず適度な筋肉に支えられた手越ボディはさすがジャニーズアイドルだ。しかしそれだけなら海水パンツ着用と大差ない格好であり、いとうあさこの方に軍配があがりそうだが、手越はやたらと股間を強調するポージングをさせられた。具体的には、股を開いた状態で前屈みになり、お尻を上に突きだすポーズだ。

 これは、ボディペインターのエマさんが、ポーズとペイントを組み合わせて様々な生物を表現するアーティストであるため。股間、特に膨らみがかなり強調されるポーズゆえ、手越は「これちょ~ハズいじゃん」とボヤいていたが、言葉とは裏腹にあっさり前屈開脚ポーズを披露してみせた。薄手のベージュパンツの下、股間部分にはサポーターも装着しているだろうと思うが、一部が明らかにもっこり。お尻~股間付近を中心にカメラで写されるのは誰でも屈辱的だろう。それをこともなげにやってみせる手越に、視聴者からは「ジャニなのにすげえ」「手越は体張るから好感持てる」と驚きと賞賛が相次いだ。4時間のペイント作業の末、手越の全身は“タランチュラ”になった。手越はそのポーズのまま尻を突き出して、通行人の前に姿を現して人々を驚かせた。
(偶武魚智子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アイメディア ニップルシール20枚セット