ゴシップ

母親との共依存も原因? 森口博子、セレブ社長狙いの婚活に四苦八苦

【この記事のキーワード】
森口博子公式ブログより

森口博子公式ブログより

 最新号の「女性自身」(光文社)が、歌手でタレントの森口博子(46)が婚活に勤しんでいると報じている。記事によると、彼女はこのところ婚活に躍起になっており、周囲に「誰かいい人がいたら紹介して!」と頼み込んでいるという。特にセレブ社長との結婚を望んでおり、彼女の知人である女性経営者の伝手で経営者が集まるパーティーに参加し、出会いを求めているのだとか。

 しかしその女性経営者が、経営者男性陣に森口に会うことを勧めても、快諾する男性はいないらしい。なんでも、経営者男性は皆「結婚したら子供が欲しい」という人ばかりで、結婚相手として35歳以下の女性を希望しているため、46歳の森口はそこから外れてしまうという。セレブ社長という条件でなければ、森口との結婚を望む男性はいくらでもいそうだが、彼女の狙いは“結婚”というより、あくまでも“セレブ社長との結婚”なのだろうか。

 森口といえば、46歳という年齢を感じさせない若々しいルックスを保つ“ナチュラル系美魔女”だが、一方では長年恋人がおらず、浮いた話が全く聞かれないことでも知られる。本人もそのことを自虐気味に語ったりもしているが、実際には強い結婚願望があるらしく、昨年10月に行ったミニライブの際に「本当に嫁に行きたい」と語ったり、今年3月の『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)に出演した際にも「名字を変えたいですね! 孤独死だけは回避したい」と主張していた。

 一方で彼女は、2012年に『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)にて、「同居している母親のようになれる自信がなくて結婚できない」とも明かしていたことがある。心理カウンセラーの心屋仁之助は母と森口の関係を“共依存”だと指摘し、自分が結婚して幸せになることが母を幸せにすることだと伝えた。森口の母はシングルマザーとして4人姉妹を女手一つで育て、娘に対して恋愛禁止を命ずるなど厳しいしつけをしたそうだが、その徹底した教育で子離れ・親離れの機会を見失ったことが共依存につながっているのかもしれない。

 かつてはプロポーズされたこともあったが、相手に仕事を辞めることを求められたため応じなかったという森口。いまでは状況が変わり、自ら積極的に婚活に励んでいるようだが、なんとかいい縁に恵まれることを祈りたい。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

35歳からの玉の輿道