ゴシップ

菊地亜美、カジノ愛好を告白「給料じゃブランドもの買えないから」

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
菊地亜美

菊地亜美 1st写真集「ami-ing」東京ニュース通信社

 バラドルの菊地亜美(24)が、3月31日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、ギャンブル好きな一面を明かした。2013年に友人と一緒にラスベガス旅行をしてカジノの楽しさを知ってから、3カ月に1度のペースで海外のカジノに行っているという。

 番組では菊地自ら撮影したが自宅VTRを公開し、「私が大好きなカジノで勝ったときに買ったブランド品」として、シャネルの靴や同じくシャネルのヴィンテージバッグ、サンローランのバッグ、ジミーチュウの財布などを紹介。スタジオMCのSHELLY、フットボールアワー後藤輝基、チュートリアル徳井義実は、弱冠24歳の菊地がカジノ好きであることに驚いていた。ゲスト出演していた南海キャンディーズ山里亮太、アンジャッシュ渡部建も含め、彼らは誰もカジノ経験がないという。

 ギャンブルなので当然、負けてしまうこともあるが、菊地は最高で「5万円使って100万円」の勝ちを記録したことがあるそうだ。逆にスッた最高額は20~30万円だという。渡部はそんな菊地を「カジノ狂い」と呼んだが、しかし本人いわく、「ブランド物とか欲しいけど(普段の給料では)買えないから、カジノで勝ったときだけ買う」とのことで、決して「狂っているわけではない」。

 数多くのバラエティ番組に出演し続けている菊地が「普段の給料でブランドものが買えない」というのは意外である。そういえば昨年11月に出演した『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、彼女は「給料が歩合制から固定給料制になった」と話していた。菊地が所属する芸能事務所は、新垣結衣や長谷川京子、吉川ひなのらを擁するレプロエンタテインメント。芸能事務所は歩合制システムを取るところが多く、タレントとして売れれば稼ぎが増えるが、売れなければ薄給のパターンが常だが、菊地は「売れている」と自他共に認める立場であるのに固定制である点が少し不服であると明かしていた。ただし、福利厚生は充実しており、育児手当やボーナスが支給されるという。

 ギャンブル好きを公言している芸能人は、競艇好きの坂上忍やパチンコ好きの和田アキ子、蛭子能収、見栄晴、椿鬼奴などがおり、仕事を通じて競馬にハマる女性タレントもいる。ジャニーズアイドルの錦戸亮や渋谷すばるも、海外のカジノで遊ぶ姿の目撃談があるが、彼らは公言していない。2020年開催予定の東京五輪までに日本国内でもカジノを解禁させようという政府の動きがあるが、アイドルなのに臆面なくカジノ好きを表明する菊地は、それが実現したときイメキャラに抜擢されるかもしれない。
(篠田ロック)

コメント

コメントする

3 :
2015年04月02日 02:52

芸能人って休みがなくて大変な仕事だと思うけど、自分自身が健康で家族にも問題が無ければ24歳って体力もあるし頭もよく働く時だよね。空いた時間に本を読んだり、海外へ行って勉強したり、少しの無茶も許されるのに、ギャンブルとブランドものでしか満たせてないって、この子の頭は本当、カラッポなんだろうなって思うわ。まぁメディアでこういう事言ったらどう思われるかも考えてないみたいだしね。

返信
2 :
2015年04月01日 23:26

固定給が幾らなのか知らないけど、額に不満がある程度しか貰えてないのに
1晩で20~30万円もスった事があるならそれはもう十分「狂ってる」よね。
どうしてこう「ギャンブル狂」「ギャンブル依存」の奴ってのは
自分が全く見えてないんだろうか。

返信
1 :
2015年04月01日 22:40

芸能界での将来の方向性が決まったね

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


5 − 二 =

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

日本版カジノのすべて しくみ、経済効果からビジネス、統合型リゾートまで