連載

アラサー独身女一人暮らし「孤独死」について考える

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]

haruka-top

先週、私は駅で倒れ、救急搬送されました。
朦朧とする意識の中、看護師さんに、

「ご家族は?」

と問われ、私は「……1人なので、いません」と答えました。
今、30代前半の女性のうち、約3人に1人が独身と言われています。30代後半でも、約4人に1人が未婚の時代。

かくいう私も、「おひとりさま」です。
自由な反面、寂しくないと言えば強がりになるし、不安が無いと言い切れません。
単身女性の抱えるリスクの筆頭は、「病気になったとき」ではないでしょうか?
あなたには、困ったとき、頼りにできる人がいますか?

まさかの救急搬送

先週の金曜日のことです。私は、歯医者に向かうため山手線に乗っていました。
電車が代々木駅に着いたころ、

「新宿駅で発生した信号機トラブルのため、運行を停止します。復旧には、相当の時間がかかる見込みです。お急ぎのお客様は、地下鉄、JR各線へお乗換えください」

というアナウンスがありました。

電車から降りると、ホームは大混乱。乗換えを急ぐ人でごった返しています。
人を掻き分けながら進み、階段を下りようとした瞬間、ガクッと膝が折れて、その場にしりもちをついてしまいました。
マズイ、過呼吸だ……と思う間もなく、どんどん息が苦しくなります。めまいに襲われ、立ち上がれなくなってしまいました。

以前から、疲れたときや、強いストレスなどを感じたとき、息が苦しくなって、手足がしびれたりすることがありました。DVによるPTSD(心的外傷後ストレス障害)の一つなのだと思います。
でも、今回のように、立ち上がれなくなるほどひどい状態は初めて。自分でも驚いてしまいました。

「大丈夫ですか?」「駅員さんを呼びましょうか?」と、見知らぬ親切な女性が声をかけてくれます。私は、
「お願いします。すみません」と、息も絶え絶えに答えるのが精一杯でした。
そうこうするうち、意識が遠のき、何もわからなくなってしまいました。

1 2 3

コメント

コメントする

9 :
2016年02月26日 01:26

考えさせられる。最近ずっと考えてた事が書かれてあった。
バリバリ働いて一人で生活出来る女の先輩が沢山いる日本なのに、独身でいる事にほとんど誰も幸せを感じてなくて、不安で、世間からも残念に思われて。女が独りでいる事を、誰も肯定してくれないの?

返信
8 :
2016年02月25日 21:58

他人事じゃないわあ・・・

返信
7 :
2015年04月07日 20:01

「プライベートな時間がもてなくなる」とかって嫌がる奴は多いけど、
そういう制度が勤めてる会社にあるなら、置いて貰える内は社員寮(独身寮)
に入るってのも1つの手だよね。

返信
6 :
2015年04月07日 19:13

男も居ないし子供もいないから、死ぬのはこの際仕方ないんだが、発見が遅れて、迷惑掛けるんじゃないかなってのとペットのレスキューをしてくれる人がいないというのが困る。

返信
5 :
2015年04月07日 12:40

私も2週間前に駅で倒れて、同じように、ご家族は?の問いかけに「一人です…」と答えた者です。なので、タイムリー過ぎてびっくり(笑)。
筆者は、信頼できる恋人がいるからまだいいと思いますよ。私は彼氏もいませんし。
ただ、私は駆け寄ってくれた見知らぬ人の優しさにものすごく感動して、生きる気力が湧いてきて、どちらかというとプラスの感覚になる経験でした。

孤独死については、すでに覚悟はできていて、死後の発見を早くしてもらうことが命題です。
職場には、半日無断欠勤したらすぐに弟に連絡してもらうようにお願いしたり、
仕事しなくなったら、NPO的なところと契約して、毎日連絡だけは取るというようなことを考えています。
と、準備はしていますが、家族がいた方が心強いのはまちがいないでしょうね。

返信
4 :
2015年04月07日 12:24
>>2

何に影響されるとそういう思考のなるのか・・・

返信
3 :
2015年04月07日 06:47

結婚してても一人で家にいる時とか、会社からの帰路で誰も見てない時に倒れるとか
むしろ「誰かが見てる前で死ぬ」のほうが稀有じゃないの。

返信
2 :
2015年04月06日 12:30

夫がいたとしても
夫に連絡したら怒鳴られるのがオチじゃないか?(笑)

俺は働いてるのにお前は休んでんのか、倒れたのはお前の体調管理が悪いからだ、同情はしない自業自得だ、俺の夕飯はどうなるんだ
ってさ(笑)

日本ではよくある光景(笑)

返信
1 :
2015年04月06日 11:31

東日本大震災の後、死だったり独りで居る事の恐怖感から
結婚をした人が一定数以上居たってのは聞いた事があるけど
その頃ならともかく、何故今このタイミングでこの話題?

孤独死回避の為に「結婚や家庭というものを、もう一度考え直してみては?」
って論調もなんか腑に落ちない。
筆者は過去に壮絶なDV体験があって、それでも信頼出来る”彼”と
交際をしてるから自然とそういう方向に考えが行くのかもしれないけど、
トラウマを克服出来ずに男性恐怖症のままの人は・・・?

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


7 − = 四

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

よくわかるパニック障害・PTSD―突然の発作と強い不安から、自分の生活をとり戻す (セレクトBOOKS こころのクスリBOOKS)