ゴシップ

第三子妊娠、思うままに生きる小雪のルーツはスピ系、自然療法

【この記事のキーワード】
小雪OFFICIAL WEBSITEより

小雪OFFICIAL WEBSITEより

 3月23日、所属事務所を通じ、妊娠を発表した女優の小雪(38)。現在妊娠6カ月で、7月に出産予定だという。夫で俳優の松山ケンイチ(30)との間には2012年1月に長男が、翌2013年1月には長女が誕生しており、今回は第三子の妊娠となる。出産を経ても子育てをしながら女優業をこなしており、2013年放送の「リーガルハイ」(フジテレビ系)ではドラマにおける重要人物である刑事被告人・安藤貴和を演じたことも記憶に新しいだろう。

 ところがそんな小雪、クールビューティーなイメージで通ってはいるものの、これまで珍妙な騒動でワイドショーを騒がせてきた。長女出産時に韓国のセレブ産後院から深夜に脱走し別の産後院に移ったという『産後院夜逃げ事件』や、2013年に放送された「旅ずきんちゃん」(TBS系)で友近が「嫌いなタイプの女」として小雪を挙げ「楽屋の加湿器を盗んだりする」と発言し、仕事場から加湿器を拝借して帰ることが公にされた『加湿器泥棒事件』などが有名だ。ほかにも2012年、皆既日食を翌朝に控えた日に行われた、映画「スノーホワイト」のレッドカーペットイベントで「皆既日食は見ますか?」と問われ「見ました。育児とか忙しくて、なかなか空を見上げることはないけど」と、まだ起こっていない皆既日食を見たと発言し場を微妙な空気にさせた『皆既日食見たよ事件』、その昔には、環境保全研究所という会社がサロン展開していた、環境への負担を抑え排水の浄化作用を促進する次世代の水「アクアーリオ」を雑誌ですすめ「知り合いのアトピーや糖尿病が良くなった」と有り得ないことを語っていた『謎の水に心酔事件』など、色々あった。熱愛や劣化などといった話とは比較にならない、風変わりな騒動ばかりである。

 そんな風変わりな小雪に迫ってみるべく、著作を紐解いてみることにした。「生きていく力。」(小学館)は2012年7月、長男出産後で長女妊娠時に出版された書籍であり、帯には「読めば、必ず、彼女のことが好きになります」とあの三谷幸喜が寄せている。この影響力は地味に大きい。色々騒動はあったけど芸能界では支持されているのかな?という想像を巡らせてしまううえ、マイナスなことが書かれてあっても一回りして長所と捉えてしまいそうな効果もあり、いや捉えてくれという訴えすら感じさせる。表紙も妊娠中の小雪が高級そうなカーディガン一枚を羽織り、膨らんだお腹に手を乗せて微笑んでいるという幸せオーラビンビンでページをめくるのに勇気がいった。しかしここで物怖じしていては始まらない。勇気を振り絞ってページをめくったところ、明らかにゴーストライターが書いたと思われる読みやすさ抜群な文章で、小一時間もあれば読み終わってしまった。余白が多く、合間合間にポートレートが挟み込まれているザ・芸能人本のスタイルの本書は、小雪の幼少期から刊行当時の2012年までが余すところなく(たぶん)書かれている。気になった記述がいろいろあったので紹介したい。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

生きていく力。