ゴシップ

ライザップCMの香取慎吾“チクピク”に「気持ち悪い!」

【この記事のキーワード】

shingo0416

 SMAPの香取慎吾(38)が、パーソナルトレーニングジム「RIZAP」(以下、ライザップ)の広告キャラクターに起用され、15日からテレビCMが放送中、交通広告も掲載されている。香取は実際にライザップに通って肉体改造したそうだ。

 香取といえば1日5000kcalを摂取する大食漢で、自己流ダイエットをしてはリバウンドを繰り返してきた。180cmの長身だが、2003年に『DIET SHINGO』(マガジンハウス)を上梓する前は体重は88.0kg で体脂肪率 29.4%だった。同書リリースにあたって、パーソナルトレーナーと専属栄養士の指導を受け、8週間で体重が14.9kg減、体脂肪率も10.3%にまで絞れたのだが、その後、リバウンド。12年に久光製薬「フェイタス」CMに出演する際、再び体を鍛える必要があり、断食ダイエットを行って一週間で10kgを落としたものの、食べない生活を続けるなど不可能で、あっという間にリバウンドしてしまっていた。

 食べることが大好きな香取が、ライザップのトレーニングと糖質制限食によってどれだけ無駄肉を削ぎ落とすことができるのか、視聴者も気になるところだろう。ただ、15日から放送されているテレビCM『さりげなく』編の内容が「気持ち悪い」と一部で不評も出ている。

 CM映像は、居酒屋での飲み会で、グレーのパーカをはだけさせて胸元をあらわにさせた香取が、胸筋をピクピクと動かして女性陣に鍛え上げた肉体を「さりげなく」見せつけるという内容。厚い胸板は見事で浅黒い肌に筋肉が映えているが、胸筋を動かすたびに乳首までピクピク動く様や、終始涼しい表情の香取の微笑みが「気色悪さ」を醸し出してもいる。コミカルな方向性のCM、とは言えるのだろうが……。

 また、今回のCMでは胸しか見せておらず、お腹周りは隠されていたため、「まだ腹筋は見せられる状態じゃないのかな」「じらして、最終的には『DIET SHINGO』みたいに全裸を見せそう」といった声も。

 CM撮影時期は不明だが、毎週香取メインで生放送している『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)では、3月上旬ごろから視聴者の間で「なんだか痩せた?」と評判になっており、今のところライザップ効果ははっきり表れているようだ。
(犬咲マコト)

※本文に一部誤表記がありましたので修正いたしました。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ダイエット SHINGO