恋愛・セックス

耐えても報われないと知った女たち【離婚座談会】

【この記事のキーワード】
Photo by Sophia Franklin from Flickr

Photo by Sophia Franklin from Flickr

【第一章:お小遣いゼロ円生活で搾取され続けた「あゆこ」の場合
【第二章:働き始めたら「もうお前とはやっていけない」と言われた「みずき」の場合
【第三章:「お前と子供のいる家は疲れる」と去られた「かえで」の場合

 結婚と離婚を経験した3人の女性たち。経験したからこそ言える、「私たちに何が起こったのか」

・あゆこ(28)22歳で大学卒業と同時に、8歳年上の男性と結婚。夫が初めての彼氏だった。現在、別居して離婚裁判を申し立て中。
・みずき(33)26歳の時、出会って3カ月の男性から付き合ってもいないのにプロポーズを受け「面白い」と快諾して結婚。33歳の冬、夫から「もう限界」と離婚を切り出され「私もだよ」と承諾。
・かえで(30)27歳で同級生の男性と結婚、一男を授かるが、夫から離婚を求められ、29歳で離婚。

――あゆこさんとみずきさんの元旦那さんは、【支配的である】【経済的DVをする】などの共通項がありますね。

あゆこ そうですね。別居するより前、些細な喧嘩をして私が「もう出て行きたい」と言った時、彼は「ひとりでどうするの?」「絶対失敗するし、今の生活レベルなんて保てないよ」「俺がいなきゃダメだろ!」「そんなこと言って、これから先どうやって暮らすんだ!」「ひとりでなんて、絶対失敗するに決まってる!」といったことをウワァーッと畳みかけてきたことがあります。思えば、付き合い始めた頃からずっとそうで、私は「彼なしでは生きていけない女」だと洗脳をかけられていたようなものです。その霧がサァッと晴れて視界がクリアになったように感じます。

みずき 出た、「お前は俺がいなきゃダメ」。その言葉、私も何度も浴びました。彼らって、そう思わせてくれる女が好きなんですよね。

かえで 私は逆で、別れ際に「お前は俺なんかいなくても平気じゃん」と言われましたよ。いやいや、子供置き去りにして出て行く無責任な男に、そんなこと言われたくないなと。っていうか、離婚を切り出される前までは、小さい子供がいて家事も回らなくて大変だからなるべく彼を頼ろうとしていたんですけど、彼は在宅中ずっと「疲れた」ばかり言っているからうまく頼れなくて、結局全部自分でやろうとしちゃったんですね。休日に家でごろごろテレビ見て昼寝している彼への嫌悪感が募って、優しく声をかけることすら心理的に難しかったし、ギクシャクしてきました。そのうえセックスも拒むようになったから、まあ、よそに行きたくなったんでしょうね。

あゆこ 一見、私たちの元夫とかえでさんの元夫は正反対に見えるけど、根底は同じだと思うんです。奥さんを家に閉じ込めて、自分に守られるような弱い存在でいてほしいと思っていたんじゃないかな。私は反抗しなかったけど、ある日、その状況に気付いて家を出た。みずきさんは、やんわり受け止めるフリをして、でも外へ出ることを止めなかったから、元旦那は怒って離婚を突き付けた。かえでさんは強気に出たから、やっぱり元旦那は離婚を望むようになった。

みずき そうかもしれません。元旦那は、明らかに、家に閉じ込められずに交友関係も遮断しない私にイラついていたと思います。

かえで 私の元旦那も、私の細かい性格に滅入ってたと思う。「俺のだらしなさを許してくれないなんて最悪な女だ」って。義理のお母さんはすごく穏やかな性格で、マメに子供のお世話をする人。それに専業主婦だったんですよね。いつも家にいて、なんでも手作りしてくれて、風邪をひいたらつきっきりで看病してくれる。おまけに進学や就職についても彼の意志に任せて、お金だけ出してあげるタイプ。一方で、私の実母はパート主婦でしたが家族をガミガミ叱り飛ばす人で、子供の頃の休日に私がごろごろテレビを見ていると「だらしない!」とか怒られたんですよ。私にとってのお母さん像ってそっち寄りで、でも元旦那にとってのお母さん像はまるで違う。そこにも齟齬があったのかもしれません。

あゆこ 旦那さんにも「だらしない!」「ちゃんと畳んでよ!」と言ってた?

かえで 言っちゃった。でも「お母さん」ってそういうものだと思っていたんですよ、私。むしろ「もっとお母さんらしくしっかりしなきゃ」っていつも焦ってた。でもお互いの知ってる「お母さん」が全然違いましたね。

みずき 私の元義母は……とにかく我慢強い女性だったみたいです。離婚を切り出したことを元夫が電話報告したら、あわてて向こうの義父母が「離婚なんてやめなさい」と説得に我が家へ来たんですが、その最中、義母がそっと私の耳元に「耐えなさい……」と囁いてきたんです。

――囁き女将!?

みずき ゾッとしました。そもそも、私は離婚したいと言い出した方じゃないし、耐えられないと言い出したのは向こうなのに何なんだろうと不思議に思いましたね。私はほんと何も期待してなくて、言われたから結婚したし、言われたから離婚したんです。実は最後の方は暴力もあり、修復は不可能な状況だったんですよ。離婚する、と彼が言い出して以降、じゃあ具体的に何をどうするか、財産分与とか老猫のこととか話し合いをするじゃないですか。その都度、私が何か「これはこうした方がいいんじゃない」と意見を言うと、彼、激昂するんです。そして一度、殴り倒されて家の外に逃げました。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

家出のすすめ (角川文庫)