ゴシップ

麻木久仁子に「不倫してました?」重盛さと美の“天然ツッコミ”が脅威

【この記事のキーワード】
重盛さと美オフィシャルブログより

自撮りはコワイ(重盛さと美オフィシャルブログより)

 3月に離婚を発表したスザンヌ(28)が出演することで、放送前から話題になっていた4月21日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)。蓋を開けてみれば、スザンヌは特に暴露発言などもなく、タレントの重盛さと美(26)の無双状態に共演者たちがタジタジになるという展開であった。

 同番組にはスザンヌや重盛の他、矢口真里(32)や麻木久仁子(52)、遠野なぎこ(35)、益若つばさ(29)らバツ1・バツ2タレントが出演。「いい奥さんになりそうな女」というテーマで格付けが行われ、順位予想者に重盛が選ばれた。

 1位に自身の名を挙げた重盛は「このメンツだと1位取らないとマズイかなと思いました」と、のっけから天然な彼女だからこそできるdisを繰り出した。そして、離婚直後のスザンヌを4位と予想。先日の離婚会見を何度も見たという重盛は、スザンヌについて「(離婚)会見を見ててもやっぱりかわいいんですよ。性格もすごいよくて、非の打ちどころがない」としたが、離婚については「頑張り屋さんすぎて、仕事復帰も早くて、うまくいかなかったんじゃないか」と分析。さらに、「元旦那さんのこともすごい調べました」と、スザンヌ元夫である斉藤和巳の不倫疑惑にも切り込み、「向こうの問題」と、スザンヌには非がないとの考えを強調した。

 これに対してスザンヌは「料理も最初はできなかったんだけど、頑張って作りすぎちゃって、そういうのを当たり前にしちゃったりとか」「最初にいいところを見せようと頑張りすぎたのかな」と応えた。重盛の分析はあながち間違っていなかったといえる。

 実際の格付けでは2位であったスザンヌ。離婚会見時に元夫を一切批判しなかった振る舞いが「健気でいじらしい」と評され、世間での好感度は上昇中で、彼女にとって離婚は全くマイナスになっていないようだ。再婚については「もちろん今すぐってことはないけれど、結婚という形ではなくてもパートナーは欲しい」と慎重な発言をするところも優等生。かつてのおバカキャラはどこへやら、かなり賢くなったようだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ロンドンハーツ vol.7 DVD