ゴシップ

ウエンツの結婚観に猛反発する理由がわからない

【この記事のキーワード】
『できそこないの知』青志社

『できそこないの知』青志社

 4月21日に放送された特番『解決!ナイナイアンサーSP』(日本テレビ系)にて、ゲスト出演者のウエンツ瑛士(29)が語った“結婚観”が、ネット上で盛り上がっている。

 番組では独身のナインティナイン岡村隆史(44)率いる、ウエンツ、南海キャンディーズ山里亮太(38)、ピース又吉直樹(34)の「あえて独身男軍団」と、MEGUMI(33)や薬丸裕英(49)らの「芸能界おしどり夫婦」が、結婚について徹底討論。3月にも同番組では「あえて独身軍団」VS「結婚経験者軍団」の激論を放送していた。

 特に話題となったのは、ウエンツが明かした「結婚から逃げる理由」。ウエンツは、芸能人として生きる上で結婚は「ステータス。安心感」と考えているそうで、「テレビの仕事をしていたら、結婚しているか・していないかが視聴者の安心材料のひとつになる」「たとえば10年付き合っている彼女と結婚していない芸能人が朝の帯番組を任された場合、そこに安心感はない」と話した。これはTBS系の朝の帯番組(視聴率は低迷中)を担当するTOKIO国分太一を連想させるたとえである。

 では、ウエンツも芸能人としてのステータスを手に入れるために結婚をするのかというと、「制約が付くからしたくない」のだそうだ。交際期間中ならばどんな理由で別れようとも自由だが、結婚してしまったら「価値観の違い」や「別の人を好きになってしまった」などの理由があって夫婦不和になっても「別れることは許されない」とウエンツは考えている。結果、結婚生活に「窮屈」「結婚相手とうまく続けていく自信がない」というネガティブイメージを抱いているようだ。以前、同番組に出演した際、ウエンツは「人に嫌われるのが怖くて本音を出せない」という悩みを打ち明けていたが、結婚生活に関しても家庭ではくつろぎたいが、素の自分をさらけだしたら嫌われるのではないか、という気持ちが払拭できないのかもしれない。

 同番組には離婚経験者のタレントたちも大勢参戦しているのだが、とりあえずウエンツはどんな事情があれ離婚反対派だ、ということはわかった。そして特に結婚したいと思う特定の相手がいないのならば、別にステータスのために結婚しなくても良いだろう。

 ところが、スタジオではこのウエンツの結婚観に猛反発が起こった。ウエンツを女性不信と見て「何があったの?」「闇が深すぎる」とコメントするゲストたち。なぜか「芸能界おしどり夫婦」側で出演していた杉村太蔵(35)はウエンツを「ろくな女性と付き合ってない」と決め付けるほど怒りのパフォーマンスをしていた。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ステータス症候群―社会格差という病