ゴシップ

ひとりふたりと減っていくEXO。中国人メンバーに仕掛けられる離脱の誘惑

【この記事のキーワード】
KOREA87

1年後には何人残ってる…? 画像はすべてEXO日本公式HPより

 あーぁやっぱり、というべきなのか……。EXO(エクソ)からまたも中国人メンバーが脱退しそうな雲行きになっています。今度は親まで出てきちゃいました。

 この4月でデビュー3周年を迎えたEXO。ほぼ1年ぶりの新曲「CALL ME BABY」を韓国で発表して音楽番組でのきなみ1位をゲットしまくり、今月17~19日には横浜アリーナでファンクラブイベントを開いて、全5公演で5万5000人を集めたばかりというのにね。そしてイベント最終日に、今年11月に東京ドーム&大阪(京セラ)ドームで各3日間、公演やります! って宣言もしたのにさ……(なんでも海外アーティストがデビュー後に東京&大阪ドームの2カ所を制する最速記録なんだとか)。

 しかし、この4月のお祭りムードに参加できなかったメンバーがいました。中国人メンバーのタオです。

KOREA87b

 2月に韓国で行なわれた〈アイドル陸上大会〉で足首を負傷したタオは、3月のソウルでのコンサート、そしてこの新曲カムバックに向けてリハビリを重ねていましたが、ケガの具合がよくならず、故郷の青島(チンタオ)に戻って療養していました。そこで、息子の将来と健康を案じたタオの父親が、中国版ツイッター〈ウェイボー〉にグループ脱退を示唆する苦渋の想いをぶちまけたのです。

「自分のこの決定が息子であるタオを含め、多くの人を傷つけることがわかっているので複雑だ」

という書き出しで始まる、長文にわたって綴られた父の想いを要約すると……

●タオが韓国に留まって芸能人であり続けることと、タオ自身の健康を天秤にかけるなら、間違いなくタオの健康を選ぶ

●歌手として活躍することはタオの夢で、そのために努力もし対価も払ってきたが、デビュー後、体のあちこちを多くケガしたことに、もはや家族として耐えられらない

●タオはこうした考えを理解できず、私を恨んでいるかもしれないが、治療を受ける最善の時期は過ぎていて、大きな後遺症が残るかもしれず、つらい選択ながら彼を中国に連れ戻した

●所属事務所のSMエンターテインメント(以下、SM)から、タオの中国活動のための専門チームを立ち上げる話を聞き、とてもうれしく思って打ち合わせたが、その契約がまだなされないうちに、他メンバーの中国活動の契約内容が先に発表され、言葉を失った

●事務所とEXOのメンバーには、謝罪と感謝の意を伝える。ファンにも謝罪する。ひとりの父親のいたしかたない行動だと理解してほしい

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アジア親日の履歴書