ゴシップ

「生ゴミ」能年玲奈はこのまま引退してしまうのか

【この記事のキーワード】
『A'SCENE Vol.1』リイド社

『A’SCENE Vol.1』リイド社

 2013年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクした女優の能年玲奈(21)が、所属事務所に無断で個人事務所を設立していたことが明らかになった。

 能年は、今年1月に自身が代表を務める個人事務所「株式会社三毛&カリントウ」を設立。同社の取締役には能年の演技指導などを行っている滝沢充子氏の名がある。滝沢氏といえば、かねてから能年がテレビ出演時に“52歳の親友”“唯一の友達”として存在を明かしていた人物であり、能年に対して「あなたは女優をやらないと生ゴミね」と言ったことから、“生ゴミ先生”というあだ名がついたというエピソードもあった。さらに、以前「フライデー」(講談社)に2人が手をつないで歩く姿をキャッチされたこともある。能年はそんな滝沢氏に絶大な信頼を寄せ、彼女の言うことに従うようになっているらしい。

 能年と滝沢氏は、現在は新宿区のマンションで同居しているという。いくら仲が良いといえども、同居までしているとなると単なる友達の域も、師匠と弟子という関係も越えている。どの報道でも「能年は洗脳されている」とインパクトの強い言葉が使われており、少なくとも能年の所属するレプロエンタテインメントは、この騒動にいたく立腹であることが伺える。報道を受けてネットユーザーからは「悪い大人に騙されたのかな」と心配の声が相次いでいる。内情は定かではないが、彼女の個人事務所設立までの経緯に滝沢氏の影響を疑う人も多いようだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1