ゴシップ

両親離婚に多額の借金…マリエのセレブキャラはとっくに崩壊していた

【この記事のキーワード】
マリエInstagramより

マリエInstagramより

 4月14日に都内で行われた「ランコム」の80周年記念プレス発表会にベリーショート姿で出席したマリエ(27)。かつてメディアに引っ張りだこだった頃の金髪ロングヘアから大胆なイメチェンを図ったと話題だ。あまりの変貌ぶりに「以前の面影がない」と驚く声も多かったが、実はその背景には複雑な家庭の事情があったという。

 父親が自動車オイル輸入代理店社長で、都内のみならずロサンゼルスやパリなど海外にも自宅を持つというセレブキャラをウリにしていた彼女だが、発売中の「女性自身」(光文社)によると、実際には2001年に父親の会社が不渡り事故を起こして事業に失敗、その後両親が離婚し、多額の借金を抱えていたという。そのことによって、父親が役員を務める別会社の名義であった都内の自宅を彼女が買い取り、彼女の名義で6500万円もの借金もあった。

 これを受けて同誌がマリエの母を訪ねると、金銭的に困っているということはなく、自宅も元々マリエの名義で、ローンの組み換えを行っているだけであると説明された。それでも、ローンの金利が1%近く上がり、融資条件が厳しくなっているという状況らしい。

 マリエの意外な近況にネットユーザーたちは「だから急に仕事復帰したのか」「大変だろうけど、需要がなくなってから戻ってきた感じが否めない」と納得。2011年の東日本大震災直後にマリエがTwitterで「こっちはいろんなところから募金です金下さいって連絡が絶えなくて困ってんだよ」等とつぶやき、世間から大バッシングを浴びた件がふたたびピックアップされ、「未だにあの発言は忘れられない」「あんなこと言う人には同情できない」と厳しいコメントを蒸し返す者もいるが、震災勃発当時、マリエ自身が被災者へ募金できるほどの余裕を持たなかったのかもしれない。

 現在はモデル活動中心で、テレビ業界からは退いているマリエ。かつて彼女がテレビ番組に多数出演していた頃とは違い、現在はマリエのようなハーフタレントが乱立状態のため、入り込む隙間もないだろう。セレブキャラ崩壊を武器にすれば、昨今増えている“芸能人が知られざる暗い過去を激白”系のバラエティー番組から声がかかりそうな気配もあるが、マリエ自身、もうテレビの世界に足を踏み入れたくない気持ちもあるかもしれない。留学を経てハイセンス/クリエイティブ路線に舵を切った彼女が、その道で華々しく活躍する日がくることに期待している。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

リナイズム