ゴシップ

『ロンハー』『アメトーク』加地Pの泥沼不倫劇が離婚裁判へ…「絶対別れない妻」と愛人の攻防

【この記事のキーワード】
テレ東佐久間Pは愛妻家でいいのよね?(画像:DVD『ロンドンハーツ vol.7』)

テレ東佐久間Pは愛妻家でいいのよね?(画像:DVD『ロンドンハーツ vol.7』)

 テレビ朝日の局員で、『ロンドンハーツ』『アメトーーク!』の総合演出を務めるゼネラルプロデューサーの加地倫三氏(46)の妻が、夫の不倫を週刊誌上で訴えている。加地氏は裏方ながら自身の演出する番組にもたびたび姿を登場させる。183cmの長身細身体型で、クマの目立つ疲れた顔つきも「大人の落ち着きを感じる」「癒してあげたい」とくたびれ中年好き女性には魅力にうつるらしく、「イケメン」と名高い名物Pだ。

 そんな加地Pが、同じくテレビ朝日のプロデューサーである30代後半の女性・A子さんと10年来の不倫関係にあると「女性セブン」(小学館)が報じている。誌面では他ならぬ加地Pの本妻・B美さん(43)が取材に応じ、「夫と別れるつもりはない」と語っている。

 夫妻の間には2人の男児がいるが、加地Pは次男誕生の時期である2005年からA子さんと不倫関係になり、06年には家を出て行ったという。その後、加地Pは子供の学校行事などのイベント時には帰宅するが、生活拠点はA子さんの自宅……という生活を10年も続けているそうだ。

 すでに息子たちは中学生と小学生で、両親がどういう状況にあるのか理解している年頃であるはずだが、B美さんは離婚を頑なに拒んでおり、「単なる浮気で済むんだったら謝罪もいりません。A子さん、どうか主人を返してください」と殊勝な言葉まで。加地PはA子さんと再婚を望み離婚を申し出ているが、2度起こした離婚調停はいずれも不調に。現在、加地P側がB美さんとの離婚裁判を準備していると記事にある。B美さんはA子さんに対して「話し合いたい」と調停を申し入れたのだが、無視されているという。

 ちなみにB美さんも元々はテレビ朝日の局員。加地Pは仕事熱心で有名だが、局内にこもりきりになってしまうと、恋愛対象も自然と近場の女性になってしまうのだろうか。

 離婚裁判となった場合、加地Pから慰謝料や養育費の提示ももちろんあるだろう。B美さんからA子さんへ慰謝料請求することも可能だ。しかしB美さんにとってはお金で解決できない問題だからこそ、10年もの歳月が経っても離婚届に判を押せずにいるのだろう。それは加地Pへの思慕かもしれないし、A子さんと夫を夫婦にしてなるものかという怨念かもしれないし、いつか帰ってきてくれたら夫と老後を共に暮らしたいという願いかもしれない。ただ、このように雑誌で公にしてしまうことが、果たして良かったのかどうか。加地P側の逆鱗に触れて、かえって修復不可能になってしまう懸念が募る。

 ネット上では、当時4~5歳の長男と0歳の次男を置いて不倫相手の元へ走った加地Pへの非難が溢れており、「まったく子育てに関与してないんだから、お金をガッポリもらってスッキリ縁を切ったほうが子供にとっても良い」「こんな最低男と離婚しないことはむしろ子供にとって悪影響」とまで。また、加地PとA子さんの関係が10年続いていることに「不倫だから上手くいっているだけであって、結婚したらA子はB美の立場みたいになるだろ」と暗い見通しを示す声もある。

 『ロンハー』では、司会のロンドンブーツ1号2号・田村淳(41)の結婚会見およびハワイ挙式まで収録・放送しているが、いっそ番組で本妻・不倫相手との三者面談をおこない淳や有吉弘行(40)にジャッジを求めてはいかがだろうか。
(清水美早紀)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

たくらむ技術 (新潮新書)