ゴシップ

スザンヌの出稼ぎ批判から見えた「母親は“子供のため”以外は働いてはならない」という概念

【この記事のキーワード】
スザンヌオフィシャルブログより

スザンヌオフィシャルブログより

 3月に離婚を発表し、シングルマザーとなったタレントのスザンヌ(28)。彼女は離婚後、バラエティー番組で見かける機会がグンと増え、離婚にまつわるエピソードを話すことも多い。

 最新号の「女性自身」(光文社)ではそんな彼女の近況を知るため、熊本にいるスザンヌの母親を訪ねている。母親は現在孫であるスザンヌの息子の面倒を見ているようで、今後は自分やスザンヌの妹ら家族で彼女と孫を支えていくという。

 スザンヌは離婚してから東京でのテレビ出演のオファーが増え、子供と過ごす時間が減りつつある。彼女としてはシングルマザーになったことで「稼がなければ」という気持ちがあり、子供を実家に預けて自分は東京で働くという別居生活も辞さないらしい。

 このスザンヌの決断について、ネット上で賛否両論が巻き起こっている。「収入のためとはいえ息子さんがかわいそう」「自分がテレビに出たり裕福な暮らししたいからでしょ?」といった否定的な声に対して、「これがシングルファーザーだったら誰も文句言わない」「母親は稼ぐのセーブしてそばにいろってこと?」との反論もある。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

最貧困シングルマザー (朝日文庫)