連載

“生きる放送事故” 平野レミの全速力ポジティブな料理人生

【この記事のキーワード】
『平野レミのキュートでおいしい野菜レシピ』講談社

『平野レミのキュートでおいしい野菜レシピ』講談社

 いまや、この人が料理番組や情報番組でオリジナル料理レシピを披露すると、必ずと言っていいほどその独創的でアバンギャルドな料理パフォーマンスに度肝を抜かれ、メディアやネットでとんでもなく話題となる。そう、その偉大なる料理愛好家の名は平野レミ。

 一般的な料理家の枠には収まりきれないレミ先生の強烈キャラクターと奇想天外なレシピたちは、見る者を異次元の世界へと誘ってくれる。彼女がハイテンションクッキングをスタートさせた瞬間から、私たち視聴者はもうそのテレビ画面から目が離せなくなってしまうのである。

 そんなパワフルな魅惑を放つレミ先生が4月17日に放送された『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)にゲスト出演。今回番組では彼女の自慢のオリジナルレシピを紹介するだけではなく、現在のご活躍に至るまでの波瀾万丈な半生を丁寧に辿っていた。

青空キッチンでも“どっか~ん料理”しちゃうわよ♪

 番組の冒頭では千葉県の勝浦市ロケを敢行したVTRが流れた。現地の旬の食材を使ってレミ先生にお手軽絶品料理にトライしてもらうことになったのだ。日本三大朝市のひとつである「勝浦朝市」に初参戦したレミ先生は、いつものように自由奔放なはしゃぎっぷりで、市場のおばちゃん方との陽気なふれ合いを堪能していた。

 これから料理をするための食材買い出しだというのに、まるで食べ歩きツアーのように「焼き芋」「魚の串焼き」「焼きイカ」「わらび餅」……市場の方々から勧められた試食品(?)を豪快に食べまくるレミ先生。もう、これだけでお腹いっぱいになりそうである……。

 ただ食いしん坊行脚をしていたわけではなく、旬の食材はしっかりゲットしていたので、近くの神社の境内にて青空クッキングスタート! スタジオであろうと屋外であろうとレミ先生の豪快なクッキングスタイルは変わらない。レミ先生考案でお馴染みの大ヒット万能フライパン「レミパン」も、もちろん引き連れてやって来ていた。

 そのレミパンに溢れんばかりの春キャベツを丸ごと一個投入し他の具材も加えると、レミ先生は蓋が閉まらない状態であることなどちっとも気にせず、そのまま煮込みタイムへ。豪快が止まらない~!

 先日放送された『きょうの料理』(NHK)の「20分で晩ごはん」シリーズでも披露し、ネットをザワつかせたあの「どっかん春キャベツの丸ごと煮」の姉妹レシピなのだろうか? 今回の料理名は「ほっぽり春キャベツ」であったのだが……。「どっかん」だったり「ほっぽり」だったり、レミ先生のレシピは“料理名が見たまんまの調理法”になっていて、なんともわかりやすくて楽しい。

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

レミ・ヒラノ レミパン イエロー