カラダ・美容

“性依存”か”セックス依存”か? マスコミと医療関係者にある温度差とは?

【この記事のキーワード】

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

セックス依存症

性依存は「セルフコントロール障害」tang90246/PIXTA(ピクスタ)

 「有名男女『迷える下半身』私たちセックス中毒!」「3日も空けるとイライラ…… 男性タレントたちの間で『セックス依存症』が蔓延中か」「今どきの女たちはどこまで”SEX中毒”なのかを徹底分析『SEX依存症』とフツーの性欲のビミョーな境界線」

 いずれも雑誌記事の見出しだ。東京・世田谷の大宅文庫で「セックス依存症」のキーワードで検索すると、たちまちこのような記事が大量にヒットする。

 しばしば「セックス依存症」は、メディアにおいて男性の興味本位な好奇心の対象になってきた。

 そんな日本での認知のなされ方に警鐘を鳴らすのは、榎本クリニック(東京都)の深間内文彦院長。2006年に日本初の性犯罪および性依存症者の治療グループを立ち上げるなど、性をめぐる問題に取り組んできた。

 深間内院長は、そもそも「セックス依存症」ではなく「性依存症」という概念を使用するべきだと説く。

 「日本で使われている『セックス依存症』という言葉は、性交渉や性行為そのものに没頭するという限定的なニュアンス。我々は”セックス”に限らず性に関連したさまざまな事象を扱うので、『性依存症』と呼んでいます」

 深間内院長は、マスコミが「セックス依存症=性欲の固まり」のイメージで取り上げたことで、興味本位の関心を集め、結果的に多くの誤解が生まれたことを嘆く。それでは「性依存症」をどのように捉えるべきなのだろうか。

 「現在、精神科の臨床現場で広く用いられる国際的な精神障害の分類や診断基準*には、性依存症のカテゴリーはなく正式な病名ではない。ただし、2013年に改訂された『DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)では、『パラフィリア障害群』というカテゴリーがあります』(深間内院長)

 これには、窃視・露出・窃触・性的マゾヒズム・性的サディズム・小児性愛・フェティシズム・異性装・他の特定されるパラフィリア・特定不能のパラフィリアなどの障害を含む。そして、「少なくとも6カ月にわたり性的衝動や行動が反復する」ことが診断の必要条件となる。

 「パラフィリア」は、性的倒錯または性嗜好異常などと訳される。一方、精神医学での性依存症は、これよりもやや広い範囲を含むようだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

自立と依存の心理 (PHP文庫)