ゴシップ

MV撮影スケジュールでひと悶着! 2PM事務所に見る韓国芸能の杜撰さ

【この記事のキーワード】
KOREA90

メンバーはまったく悪くないんだけど。2PM日本公式HPより

 2PM(トゥーピーエム)界隈で不可思議なことが起こりました。6月1日に韓国で5thアルバムをリリース予定だったのですが、メイン曲のMVの撮影が中断されたせいで、アルバム発売が延期になりそうだ、と怒りまじりにホームページで発表したのです。

 5月11日の事務所の言い分によれば、MV制作を一任していたプロダクションのハン・サミン監督から、撮影4日前に「同時期に発売されるアーティストと本人との関係により、撮影することができない」と一方的に中止を申し渡された、らしいのですが、ギリギリでそんなおそろしいことが起こるんですかね?

 そして、さらに不可思議なのが、2PMと同じく、JYPエンターテインメント(JYP)に所属するアイドルグループ、GOT7(ガットセブン)のMV制作を進めていた別プロダクションのキム・ジヨン監督からも、同じ日に突然、撮影中止を通知された、というのです。

KOREA90b

 ファンに新譜発売延期をお詫びしつつ、「ふたつのプロダクション側の理解しがたい無責任な行動によるアーティストと会社の損害について、厳重な法的措置をとるつもり」と語気荒めに告げられていましたが、同事務所のアーティストのMV制作が同じ日に中断されてしまうって、キツネにつままれたような気分になりません? それに、MV監督とはいえ一般人であるふたりを名指しで〈犯人〉扱いするあたりからも、JYPの並々ならぬ憤怒が感じとれました。

 このJYPの発表だけを見ると、2PMとGOT7に予定通り新曲をリリースしてほしくない〈誰か〉の差し金による妨害工作? とすら思えてしまうのですが、同日夕方にはマスコミによって監督側の見解が伝えられました。まず、2PMのMVを撮る予定だったハン・サミン監督は、

「数年間、MVの演出をしているが、打ち合わせの過程でお互いキャンセルになることは常にある。まだ契約もせず、撮影スケジュールも協議されていない状態で告訴する事務所のやり方や、こうして報道にさらされる現実が怖い」

と述べました。一方、GOT7を撮るはずだったキム・ジヨン監督も、

「コンセプトと方向性がまったく合わなかったので、オファーを受けた翌日に、撮れないと丁重に断った。その時点で何の計画も決まっていなかったし、具体的な議論も契約関連の話もなかった」

と話しました。監督同士は互いに知り合いではなく、それぞれの事情をまったく知らないと、ふたりが口をそろえています。たまたま断った日が重なっただけだというのです。双方とも、仕事の初歩の打ち合わせ段階で生じたことによって、実名を報道される事態になってしまい、戸惑いを隠しきれない様子です。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

韓国芸能界裏物語―K‐POPからセックス接待まで…禁断の事件簿 (文春文庫)