ゴシップ

木下優樹菜が「生きてる心地がしなかった」育児初期の心身異常と恐怖を明かす

【この記事のキーワード】
木下優樹菜オフィシャルブログより

木下優樹菜オフィシャルブログより

 5月14日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)、レギュラー出演者の木下優樹菜(27)が、第二子の懐妊を発表した。放送後、木下は夫のFUJIWARA・藤本敏史(44)と連名のFAXをマスコミ宛に送っている。現在は妊娠4カ月で、出産予定日は11月とのことだ。

 2010年8月に結婚し、12年8月6日に第一子の莉々菜ちゃんが誕生。ちょうど4月下旬に発売した育児本『ユキナ育。』(講談社)にて、「2人目考えてる宣言します! 欲をいえば男の子」「理想は2人産んで育てて、30歳過ぎ頃から新たな気持ちで仕事を再スタートさせたい」と家族・人生計画を明かしていた木下だが、この本では同時に、これまで公にはしてこなかった“ユキナ育児の負の部分”を赤裸々に綴っている。

“なんでユキナだけこんなにつらいの?”

 産後一カ月、母子ともに一カ月健診が済み、莉々菜ちゃんを連れての外出やバスタブで一緒に入浴できるようになるなどの変化があったこの時期には、「仕事に行ってる間離れたくな~い!」ほど我が子への愛しさが募っていた木下。早くも仕事復帰しており、藤本とは喧嘩続きだったが、子供に対しては「可愛すぎてヤバい」状態であった。

 だが、2カ月を過ぎると莉々菜ちゃんが「寝ない、とにかく寝ない」日が続き、11月上旬には5日間にわたって木下は全く寝られず、助けに参上してくれた地元の親友の前で大号泣するに至ったという。この時期のみならず、産後、木下は「自分が自分じゃなくなるくらい」心のバランスを崩してしまう。

 産後すぐに仕事復帰した理由は、テレビ番組のレギュラー出演依頼を受けたことと、同年春に立ち上げた女性向けアパレルブランド「Avan Lily」のプロデューサーとして秋冬シーズンに発売する商品の打ち合わせをしなければならなかったから。「事務所にやらされてるとかじゃなく、現実問題やらないと本当にマズくて」というその状況、仕事をしている人間なら誰でも何となく理解できるのではないだろうか。ファッションブランドは春夏・秋冬にそれぞれ新作商品を出すのが普通で、「プロデューサーが休んでいるため、今期は新商品をリリースしません」は通らない。産後に風邪を引いたり胃腸炎にかかったりと体調を崩しっぱなしだった木下は「自分でもどうしていいか分からな」くなり「めっちゃ泣いてた」。それでも妊娠中から彼女自身が抱いていた理想的な「仕事と育児の両立ができるママ像」へ向かって突き進んでいった。

 しかし莉々菜ちゃんの夜泣きは日に日にひどくなる。テレビ収録の時は、木下の実母に付き添ってもらい、楽屋で莉々菜ちゃんの子守をしてもらっていたそうだが、「テレビ収録のときだけは、楽しかった。全てを忘れられるというか」と木下は述懐する。子供を誰かに預けて仕事をしている時、それ以前までは感じられなかった充実感や解放感を得られる……その感覚、身に覚えのある母親も少なくないだろう。同時に、「母親なのに子供のそばにいないで自分だけ楽しむなんて」と罪悪感を抱いてしまう人もいるかもしれない。

1 2

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ユキナ育。