連載

働きたくないからハローワークに行ってみた

【この記事のキーワード】

musyoku3

読者の皆さんに僕の相談を聞いていただくこの連載。初回の相談(働かなくても明るい未来はありますか?)が掲載されてからというもの、僕はちょっとした恐慌状態に陥っていました。

パソコンを開くと飛び込んでくる、厳しいコメントの数々。「働かざる者食うべからず」という、どストレートな正論を見ては頭を抱え、「ますますニートの沼にはまる絵しか浮かばんわw」というメッセージの「ニートの沼」という語感に震える。

ずぶずぶと、沈み込んでいく、底なし沼みたいなイメージが、頭の中にしつこくこびりついて離れませんでした。そう、薄々想像してはいたものの、messy読者の方々のコメントは、中々にハードコアで前衛的なものでした。

「親兄弟叔父叔母を殺して服役し、出所したら生活保護を受けなはれ」

なにせ一番最初についたコメントが尊属殺人の提案ですからね。ロケットスタート過ぎるでしょ!! 怖いよ!

大体、みんな働け働けってどんだけ働くの好きなんだよ!? そんなに働くのが好きで好きでたまらないんですか!?  僕は今も昔も、働くのが嫌で嫌でしょうがないよ。それとも、みんな嫌なのに我慢しながら働いてて、だから無職が目に入るとムカついてしょうがないってことなのでしょうか? その気持ち……! すごくわかる!!

「もしかして何かの脳機能障害なのでは?男性と仕事のアイデンティティは深く結び付いてるから自分でもコントロール出来ない脳機能の問題があるんじゃないかなと」
「ハロワ行けよ若造が」
「土木作業員でもやって、肉体労働経験しなよ」
「僧侶になる」
「田舎に土地つき中古て激安物件を買って野菜を育て山菜を積み(原文ママ)鶏をシメて半自給自足するのはどうです?」
「ネットビジネスあたりからやってほしい!」

とバラエティに富んだお答えが寄せられました。実はもっとたくさんあったのですが、とてもここでは全て取り上げきれないほどの様々なお叱りが届き、中でも比較的具体的なものだけを抜粋させて頂いています。もちろん、アドバイスフォームやコメント欄から頂戴したメッセージには全て目を通し、折に触れて何度も読み返しています。たくさんのお答え、ありがとうございます。

さて。

「肉体労働」は体力ないから無理だし、「僧侶」は頭剃りたくないから嫌、「田舎」は虫が怖いからナシで、「ネットビジネス」はバカだから出来ない。……そうなると、あとは「脳神経外科」か「ハローワーク」です。「脳神経外科の診察代って経費で出ますかね?」と聞いてみたら「出るわけないでしょ。おバカなんですか?」と編集部から答えが返ってきました。

28歳のハローワーク

そもそも僕は「働かないでも明るい未来を手にすることが出来るような方法はないのでしょうか?」という人生相談をしたハズなのに、返ってきた答えのおよそ7割が「ない。働け!」というものでした。こうなると、そうしたご意見の数々を、おいそれと無視するわけにはいかなくなってきました。

昔、村上龍氏が『13歳のハローワーク』(幻冬舎)という本を書いて話題になりました。そこには色々な職業についての説明が書かれていました。ハローワークに行けば、様々な職業を知ることが出来るんじゃないか。働くってどんなことなのか、無職の僕にも理解できるんじゃないか。

敵を知り己を知れば百戦あやうからず、なんて故事もあります。僕の人生最大の敵である「仕事」について、ここらで理解度を深めておくのも悪いことじゃないのかもしれません。ハローワークに行き、やっぱり僕には働くなんて無理だ、不可能だ、そう再確認することで、これからの無職ライフを有意義に過ごすことが出来るようになるかもしれません。

わからないけど。ともかく、何か現状を打破することが出来るんじゃないか。そんな期待がありました。そうだハローワークに行こう。

半ば引きこもり的な生活を長らくしていた僕に、久しぶりの外出は中々のストレスでした。道行く人々に「こんな平日の昼間から良い歳した男が何ブラブラしてるんだ?」と視線でとがめられているような気がして、無意識に手が震えていました。もう帰りたくなってきた……。

ともかく、近くのコンビニでタバコでも買ってニコチンを摂取することで、この震えをおさめよう。そう思い、僕は自動ドアをくぐりました。

金髪「あんた、どのツラ下げて来たのよ!?」

入るなり金髪の女性店員に辛辣な言葉を浴びせかけられました。絶対おかしい。何故。無職はコンビニすら使っちゃいけないって言うのかよ!? ところがよく見ると、いやよく見るまでもなく、その顔には見覚えがありました。

……そう、実は僕、父親に激怒されて嫌々、近所にあるコンビニで週一でバイトをしていたことがあったのでした。愛想が悪いとの度重なるクレーム、コーヒーマシンをひっくり返す、弁当を電子レンジで爆破、誤って非常ベルとサイレンを鳴らして町じゅうに響き渡る大騒動が勃発(止め方が全くわからない!)、客に本気でケンカを売り警察沙汰に……などのトラブルが続いて、いたたまれなくなり、連絡も取らずにサボってバックレを決め込み、やめてしまったのでした。

くだんの金髪女性店員は、かつて一緒にバイトしていた同僚だったのです。たしかに、どのツラ下げて、と言われても仕方ない。そそくさとタバコを買い、コンビニを出ようとすると、金髪女に呼び止められました。

金髪「日本酒、いる? 売れ残り、あるんだけど。今事務所にいたオーナーが、奥山くんにあげてもいいって」

事情は無駄に込み入っていたので端折りますが、店頭で売れなくなった日本酒が大量に余っているというのです。うながされるままに日本酒を2本もらい、コンビニ袋にぶら下げていくことになりました。ラッキー! と思う反面、どこか非常に後ろめたい気持ちがありました。これからハローワークに行くのに……。何か既に、暗雲が立ち込めているというか、幸先が良いのか悪いのかわからないというか、嫌な気しかしないというか……。

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

13歳のハローワーク