インタビュー

女も男も処女懐胎! 「処女懐胎シミュレーター」アーティスト・長谷川愛さんインタビュー

【この記事のキーワード】
「処女懐胎シミュレーター」イメージ画像 (※実際のシミュレーターはこうした写真を作成するものではありません)

「処女懐胎シミュレーター」イメージ画像
(※実際のシミュレーターはこうした写真を作成するものではありません)

「処女懐胎シミュレーター」

そんなSF映画のようなタイトルのプログラムが、このほど現実に公開された。“もし自分自身の卵子と自分自身の精子を受精させたらどんな子どもが生まれるか”ということを、遺伝子解析データから予測してくれるというのである。

女性から精子を、男性から卵子をつくることが、iPS細胞をはじめとした先端医療技術の発展により、技術的には可能になると予測されている(参考:Cell)。つまり、たとえば女性が自分自身の精子を受精し、男性との性交渉なしに妊娠・出産をする “処女懐胎”のようなことが可能になるというのだ。

技術的な可能性があるとはいえ、まだ現実のものとなっていない“処女懐胎”。そんな未来を体験できる「処女懐胎シミュレーター(原題:Virgin Birth Simulator)」は、どんな思いで作られたのか。マサチューセッツ工科大学を拠点に活動するアーティスト・長谷川愛さんにお話を伺った。(聞き手・構成/牧村朝子)

クローンではない

―― どういうきっかけで「処女懐胎シミュレーター」を開発されたのですか?

長谷川 人との出会いが大きいですね。ロンドンに住んでいた時、知人の独身女性がこんなことを言っていたんです。「年齢を考えると、私もそろそろ子どもが欲しい。元カレの精子をもらって子どもを産んで、一人でやっていくわ」って。それでその人は、自分の元カレに「ちょっと精子ちょうだい」って声をかけて、シングルマザーでやっていくことを前提に子どもを産んだんです。

それから去年の今頃、すごく面白い男の人に会いまして。その人はね、「自分を産みたい」っていうんですよ。

――「自分を産みたい」!?

長谷川 はい。なんか、「死にたくない」みたいな。「僕は自分で自分を産み育てたい。もう、胎教から完璧にやりたい!」っていうんです。

――それで長谷川さんは、実際に“自分で自分の子を産んだらどうなるか”というシミュレーターをおつくりになったんですね。

長谷川 そうですね。そういう人たちとの出会いに加え、学会で「将来的には自分と自分の子どもをつくれるようになる」という科学者の発言を聞いたということもありました。それで「男も女も、自分で自分の子どもが欲しいっていう人はいるんじゃないのかな」と思った、というのが作品づくりのきっかけでしたね。

――つまりクローンということでしょうか?

長谷川 違います。まぁ、さっきの「死にたくないから自分を産みたい」っていう彼はクローンが欲しかったんでしょうけれど。でも現実的には、人間のクローンというのはなかなか倫理的に認められないだろうと考えられるんですね。

ただ、iPS細胞をはじめとした多能性幹細胞の研究が進むと、例えば女性が自分の精子をつくって自分の卵子と受精させるというようなことが技術的には可能になると予測されています。その場合は自分に似た子が生まれるわけですが、自分とは異なる存在ですから、クローンとは違います。これが「処女懐胎シミュレーター」で扱っていることです。

――子どもに先天的な異常が出るようなことはないのでしょうか?

長谷川 それをシミュレーターで予測するんです。将来的には、親となる人の遺伝子解析データをもとに、どんな子どもが生まれるのかということを受精前から予測できるようになるんですよ。

ただこの技術はまだ発展途上で、ようやく第一歩を踏み出したというところです。それから、遺伝だけが人間のすべてを決めるわけではないということも忘れてはいけません。遺伝子解析からシミュレーションできるのは、あくまで一部の体質や病気に関する可能性です。たとえば「くせ毛の可能性が高い」とか「○○病のリスクが高い」というように。

1 2 3

牧村朝子

1987年生まれ。タレント、文筆家。2013年にフランス人女性と同性婚、現在フランス在住。セクシャリティをテーマに、各種メディアで執筆・出演を行う。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに”レズビアンって何?”って言われること」。

twitter:@makimuuuuuu

ブログ:http://yurikure.girlfriend.jp/yrkr/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

処女神 少女が神になるとき