ゴシップ

「小室さんに捨てられた」どこまでも被害者ぶる華原朋美、さすがにいただけない

【この記事のキーワード】
華原朋美Twitterより

華原朋美Twitterより

 20日、歌手の華原朋美(40)が羽田空港国際線の旅客ターミナルで同日発売の新曲「はじまりのうたが聴こえる」のイベントを開催した。この新曲は、作詞を華原が手がけ、作曲はかつて公私ともにパートナーであった小室哲哉(56)が担当したもの。2人が16年ぶりにタッグを組み話題性を狙っていることは明らかだ。

 制作時のエピソードとして「『愛してる』とか『大好き』と書いちゃいけないワードが出てきた」「(小室との交際当時を振り返ると)気持ちが不安定になったりして、つらかったです」と明かした華原。最後には「結果的に私は(小室さんに)捨てられたけど、今となってはありがたく思います」「そういう経験があったからこそ、人生、思い通りにいかないこともあるって、前を向いていこう、と自分が歌で伝えていきたい」と語った。また、同日華原はTwitterで新曲リリースの告知をするとともに、自身のウエディングドレス姿の写真をアップしていた。

 ネット上では「小室に思い入れあり過ぎ」「いつまでこのネタ引っ張るの」「ウエディングドレスとか本気で怖い」とドン引きの反応が続出。「これしかネタがないからでしょ」と一連の発言をあくまでもビジネスライクなものなのと断じる向きもあった。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-