連載

元父の家族と知らずに友達に…母が元父の悪口を…離婚した親に育てられた子供が巻き込まれるトラブル

【この記事のキーワード】
Photo by simpleinsomnia from Flickr

Photo by simpleinsomnia from Flickr

 厚生労働省がまとめた「平成26年(2014)人口動態統計の年間推計」によれば、2014年の離婚件数は22万2,000件。2分22秒に1組が離婚しているという。昨今もはや珍しくもなんともなくなっているが、離婚により子供が思わぬトラブルに巻き込まれることもある。今回はそんなトピを紹介したい。

離婚した父の娘と友達になってしまったことについて。

 最近かなり注目されているトピ。トピ主は高校2年生女子だが、小学校(中学年)のときに両親が離婚し、母と暮らしている。父は国家資格をとるために勉強をしており、母が生活を支えていたのだが、合格後のタイミングで父は「長年辛い勉強生活を本当に支えてくれたのは、別の女性」だとカミングアウトして、家を出て行ってしまった。それまで父は勉強に忙しく、トピ主の行事も勉強や試験で来てくれることはなかったが「試験に通ったらあそこに連れて行ってあげる。見に行ってあげる。何々してあげると、よくいってくれていました」から、我慢してきたトピ主は深く傷ついた。

 両親の離婚後、トピ主は第一志望の高校に入学、中学のころと同じく吹奏楽部に入部し、同じ部活&同じクラスのある女の子(Aちゃん)と仲良くなった。母とトピ主の生活は経済的に厳しく、お弁当はトピ主が自分で作り、母は吹奏楽部でかかる費用工面のため夜も働いてくれていた。一方、Aちゃんは裕福で「誰からも憧れるような家庭」。ある日、定期演奏会を見に来たAちゃんの両親を紹介された。するとAちゃんの父親はなんと、トピ主の実父だったというのである。漫画のような恐ろしい話だ。

「母は、仕事で観に来れなくて、家に帰ったら、『お疲れさま。観にいけなくて、ホントにごめんね。』と私の大好きなハンバーグを作ってくれていました。ハンバーグなんて時間がかかるのに、ありがたくて涙がでました。それと同時に悲しくて、大声で泣いてしまいました。Aちゃんは、優しい子です。そしてお金持ちです」

 そう、Aちゃんとトピ主は特別仲が良い上に、Aちゃんは優しい女の子なのである。だからトピ主は葛藤している。トピ主父がAちゃん母と不倫の末に再婚したことを知ってしまった今、Aちゃんの家族の話が辛い。Aちゃんに何も非がないことはもちろん分かっており、だからこそ苦しんでいるようにも見える。またAちゃんは2歳の時に本当の父親を事故で亡くしている。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

「毒親」の子どもたちへ