ライフ

体罰は本当に減少しているの?

【この記事のキーワード】
[PR]
[PR]
Photo by Mark Ramsay from Flickr

Photo by Mark Ramsay from Flickr

 5月21日に新聞各紙で、東京都教育委員会が2014年度に、都内の公立学校2179校で68人の教職員らが、児童・生徒に体罰を加えていたとする発表を報じていました。24年度は182人、25年度は122人ですから、減少の傾向にあることがわかります。

 報道の中では、都教委は、学校名の公表を始めた12年度から体罰が減少していることから、「公表が体罰の抑止に繋がっている」と分析していると報じたものがありました(都内公立校の体罰、2年で3分の1に減 校名公表が奏功)。

 確かに今回の都教委が発表している資料にも、体罰の発生した学校名が記されています

 また体罰の事案も複数紹介されていました。例えば、ある高校では、体育の授業中に指示に従わなかった生徒を指導する際に、ソフトバレーボール用の補助支柱で生徒の上腕部を叩くという体罰が行われていたようです。あるいは、学級活動の時間にボーリングのピンを倒せなかった生徒の後頭部を2度叩き、さらに別の日に、着席しない同生徒の腹部を殴った教員がいたことも事案に記されています。

 このように資料で公開されている悪質な体罰を読むと、体罰対策の必要性を改めて感じさせます。

 ただし、私は報道にある分析には疑問を感じました。学校名の公表は、体罰抑止に多少の効果を与えているかもしれない。しかしその一方で、校長など学校の責任者の中には、学校名を公表されないように体罰をうやむやにして隠そうとする人もいるのではないでしょうか。

 事実、申告者をみると、小中高は「児童・生徒本人」「他の児童・生徒」による申告が割合として高く、「教職員本人」による申告はそれに続く傾向があります。おそらく申告されない体罰もあるでしょうし、教職員で止められてしまうものあるかもしれない。

 資料をよく読むと最終ページに、「平成26年度の傾向について」という項目があります。

 それによると「体罰減少の主な要因は、部活動における体罰事案の減少」であり、「人間関係から体罰は許される」という体罰観に基づく事故(体罰)は減少しているという傾向が指摘されています。

 一昨年、部活動における体罰は非常に注目を浴びました。大阪市立桜宮高校体罰事件が発覚したためです。これは、バスケ部のキャプテンが教員から体罰を受け全治3週間の怪我をした後、体罰を苦に自殺した事件で、連日マスコミで報道されていました。

 この効果は、「学校名の公表」と類似するものでしょう。体罰の害悪が周知されたことで、体罰事案が減少したのかもしれない。保護者や関係機関の監視の目が厳しくなり、体罰の発覚や抑制に効果があったと考えられます。

 ただし、体罰事件が起きるたびに「ある程度の体罰は仕方ない論」「体罰には教育効果があるよ派」の意見が一定の支持を得て跋扈する状況は未だに変わっていません。体罰肯定論は根強く残っている。報道や公表は、そうした体罰肯定論者の考えを変えているのではなく、声を上げることを抑圧してしまう懸念も拭えません。

 おそらく、学校名の公表やセンセーショナルな報道で、根強く残る体罰肯定論者をさらし上げ、非難するだけでは体罰は息を潜めるだけで生き続けるでしょう。そして、体罰がどれだけ子供たちに悪影響を与えるのかを過半数の大人たちが自覚しなければ、体罰は隠され続けてしまうかもしれない。

 「学校教育法第11条」には「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない」とあります(懲戒とは、生徒を怒ることや立たせることや、停学などの処分のこと)。現に体罰は法律で禁止されている。周囲の人間、親や教育現場のものが、子供のSOSに気がつくこと、あるいは体罰があることを申告しやすい環境づくりとともに、なぜ体罰が悪なのかを理解することが大切ではないか。そんなことを考えました。
(門田ゲッツ)

コメント

コメントする

2 :
2015年05月27日 12:05
>>1

私は、日本の学校活動そのものが我が国の軍人養成学校よりも厳しい訓練してるよね。といわれたよ。

返信
1 :
2015年05月27日 07:56

今22だけど、小6~中学卒業まで、スイミングクラブでボコボコに殴られてたわ…
私が辞めた直後に体罰全面禁止になって、コーチも変わったけど。
あれ以来、部活的なものが大嫌いになった。頭を殴られて学んだことなど何もない。痛みと屈辱だけ。
性格にもよるのかもしれないけど、やる気や反骨心など微塵もわかなかった。とにかくストレスしか無かったわ。

日本で行っている部活動や競技は、スポーツじゃない!訓練だ!って、マッチョなアメリカ人教師に嘆かれたのを思い出した。

返信

コメントを残す

※空欄でも投稿できます

※誹謗中傷、差別的なコメント、プライバシー・著作権侵害などの違法性の高いコメント、宣伝コメントなどについては編集部判断で予告なく削除・非表示にする場合がございます。


× 5 = 四十

関連記事
最新記事

messy新着記事一覧へ

体罰はなぜなくならないのか (幻冬舎新書)