連載

へそに塩を埋める? スタッフが暴露した“西野カナあるある”の不思議

【この記事のキーワード】
『もしも運命の人がいるのなら』SME

『もしも運命の人がいるのなら』SME

 今月からスタートした関ジャニ∞の新冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)は、毎週世代の違う2組のアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げるという音楽バラエティー番組である。

 「セッション&トーク」と言えば、同じジャニーズ事務所の先輩であるKinKi Kidsの冠番組『新堂本兄弟』(フジテレビ系)が思い出される。同番組は昨年終了しているが、局は違えど「日曜日の23時15分から放送」という全く同じ時間帯枠(『関ジャム』は1時間番組)で放送されることになったのは何かの巡り合わせなのだろうか?

 『新堂本兄弟』との大きな違いは、一時代を築いた“レジェンド世代”と、バリバリ現役真っ只中の“若い世代”からそれぞれ1組ずつゲスト出演することと、“支配人”というお役目で俳優の古田新太と杉本哲太がレギュラー出演していることであろう。『あまちゃん』(NHK)で共演以降、このお二人でのコンビ出演って結構見かけるなぁ。49歳の同級生同士ということで馬が合うのかもしれない。

 若かりし頃にお互いにバンド活動を経験し、現在はベテラン俳優として大活躍中のお二人。今回は、ドラマや映画とは畑の違う音楽バラエティー番組に借り出されたということで、慣れない現場に戸惑いながらもトークコーナーでは頑張って盛り上げようとする中年俳優コンビの姿が何だか可愛らしいのである。また、ゲストアーティスト同士の世代間ギャップが垣間見れるのも興味深い。

記念すべき初回ゲストは?

 5月10日の初回放送ではゲストアーティストに岸谷香(48)と西野カナ(26)が登場。ガールズバンド「PRINCESS PRINCESS(以下、プリプリ)」のボーカルとして80年代から90年代にかけて一世を風靡した岸谷さんと、若い世代の女子に現在大人気の西野さん。岸谷さんが年齢の割に若く見えるせいか、お二人の年齢が22歳も離れていることに驚いてしまった。親子ほどの年の差じゃないっすか~! プリプリの全盛期には西野さんはまだまだ幼子だったんだなぁ。

 番組冒頭では、お二人の活躍ぶりをコンパクトにまとめた紹介VTRが流された。岸谷さんとほぼ同世代の支配人コンビは、懐かしそうにプリプリのライブ映像を眺めるのであった。一方、西野さんが「ケータイ世代のカリスマ」と呼ばれ、彼女の楽曲の累計ダウンロード数が約4600万(2015年5月現在)というとんでもない数字を叩き出していることに、古田さんは驚愕していた。杉本さんも驚きつつジェネレーションギャップを感じたのか、「我々はレコード世代だから、モノ(実物)が欲しいけど……」と、切なそうにレコードへのこだわりを見せるのであった。

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

伯方の塩 1kg