連載

公開キスが止まらない! ソウルで見られるのが快感になるアラ50女性たち

【この記事のキーワード】
seoul65

たしかに日本じゃできないよね…。Photo by Jason Mark from Flickr

 ソウルのカフェや居酒屋あるあるといえば、「激しくイチャつくカップルがいるぅ~」だろう。当連載でもたびたび紹介している

 寄り添ったり、手をつないだり、頭をなでなでしたり……なんていうのはまだまだ。もっともっと激しいカップルが満載だ。ペチャペチャ音を立てながらキスしてたり、鼻の頭を舐めあったり、スカートの中にぐぐぐっと手が入って行ったり、と〈おっぱじめる5秒前〉なんてカップルも多く、見ているこっちが緊張してしまう。先日はサムギョプサル屋で、肉を焼いてキス、肉を食べてキス、また焼いてキス、今度はキムチチゲ食べてキス、キスキスキス……と、長めでブチュブチュしまくってるカップルに出くわし、その脂っこさに食欲を失った。

 しかしこのイチャイチャプレイ、日本女性は意外と憧れるらしい。在韓日本人女子チームで話すと、「せっかく韓国にいるし、一度ぐらいならああいうのやってみたいかも。日本じゃぜったいムリだし~」という人が少なくない。まずはイチャつく前の準備段階、彼と隣同士に座ることからはじまるが、ここからすでに興奮しちゃうらしい。

 先日、日本人を多く見かけるシンチョン(新村)の居酒屋で飲んでいたときのこと、店の奥に知っている顔を見つけた。共通の知り合いを通して一度だけ会ったことのあるアラフォーバツイチ女性、アヤさんだ。

ところかまわずブチュー!

 そのときのアヤさん、30代前半の純朴そう、だけどやたら筋肉質な韓国人男性とピタッと寄り添って座り、イチャイチャイチャイチャして盛り上がってる真っ最中だった。アヤさんの表情を見ても、テーブルの上の焼酎の本数を見ても、かなり酔っていることがわかった。

 アヤさんが彼の太ももの上に自分の足を乗せたのが見えて、「ダメだ、これ以上は見ちゃいかん」と思わず目を逸らしたが、それでもやっぱり気になってしまう。でもでもやっぱり見られない。知っている人のイチャイチャしている姿など、見られるわけがない! そう思ってアヤさんのことを忘れて飲むことに集中しようとすると、近くの席からカタコトの韓国語が聞こえてきた。あ、日本人女性だ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

「最後の恋」に彷徨う男たち