ゴシップ

「お前が言うな」西川史子が美魔女批判を繰り広げて自爆!

【この記事のキーワード】
ホリプロ公式プロフィールより

ホリプロ公式プロフィールより

 2日に放送された『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)での、タレント医師・西川史子(44)の発言が物議を醸している。

 同番組で“何か鼻につく女の言動”というトークテーマが掲げられた際、西川は「美魔女が嫌い」「40過ぎてもキレイだと思っているところが鼻につく」と発言。これを受けて、MCの明石家さんま(59)は「40過ぎてもキレイな人はキレイやないかい」と反論したが、西川は「20代の頃にはかないませんよ」「20代の良さと40代の良さってあるのに、一生懸命若くなろうとしているのが痛々しい」「無理しなくてもいいのになって思います」と美魔女を否定し続けた。さんまからは「お前もそういう感じするけどな」とツッコまれたが、西川は「(自分のことは)置いといて」と気にしていない様子であった。

 しかしさんまのツッコミ通り、視聴者も「西川こそ美魔女」と感じたようで、「言いたいことはわかるけどお前が言うな」「自分こそ無理してる」とバッシングが吹き荒れている。

 そもそも、彼女は美容皮膚科医であり、自身もおでこのシワを目立たなくするためにボトックス注射を打っていると明かしていた。美容皮膚科を訪れる人々には「若々しさを保ちたい」ために治療を受けるケースも多いだろうが、自身の患者を否定してしまって大丈夫なのだろうか。それにボトックス注射は立派なアンチエイジング法である。また彼女は、2010年には「だれにも教えたくない美容クリニックガイド」も上梓して、アンチエイジングテクを指南するほどの美容マニアでもある。

 それでいて、なぜ「美魔女はイタい」と敢えて主張したのか? もしかして、よほど嫌いな特定の“美魔女”がいるのだろうか……。ともあれ、西川の定義では、彼女自身は「美魔女」に当てはまらず「年相応の美熟女」なのかもしれない。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

『第1回国民的美魔女コンテスト』グランプリ 草間淑江 44歳 美魔女 Beauty days