連載

元カノと復縁して主夫になるにはどうすればいいですか?

【この記事のキーワード】

6週目冒頭

ローマは一日にして成らずという言葉がありますが、ダメ人間も一朝一夕に出来上がるものではありません。

働かない、家から出ない、何もしない、今現在人間のクズのロイヤルストレートフラッシュ状態であるところの僕ですが、やっぱり大学時代もまた、それはもう類い稀なるどうしようもないダメ人間として名を馳せていました。

大学二年の頃、19の春に、一人暮らしを始めたときのことです。えんやえんやと引越祝いに周囲が持ってきた酒瓶の数々。その頃初めて付き合った彼女にフラれたばかりで凹んでいた僕は、思いつきで水の代わりに酒を飲む生活を始めました。

朝起きてまず一杯、それから「お~いお茶」のペットボトルに冷やしていたビールを注ぎます。ペットボトルに入れたビールは、よく見ないと緑茶と見分けがつきません。それを大学の授業に持ち込んで、後ろの席でチビチビやる。ときにはそれはポケット瓶や日本酒に置き換わり、学食で昼食をとるときも、密かに酒を飲みながらでした。講義が終わると自分の部屋に後輩を連れてきて朝まで飲み続け酷い騒ぎを繰り広げ……という堕落した日々を1カ月くらい過ごしているうちに、さっぱり大学に行かなくなりました。元々人間嫌いの僕、そのうち他人と会うのも億劫になり、朝から晩まで一人で酒を飲んでばかりいるようになりました。1カ月ぶりにふっと鏡を見ると、見事に死相が出ていました。これ、まずいな。

簡単にビビって改心した僕はすぐに断酒。その日のうちに徐々に体調が戻ってきて、翌日はなんだか生まれ変わったような晴れやかな朝を迎えました。

朝起きて珍しく体調も良いし、シャワーも浴びてドライヤーを当てると髪型もバッチリ決まってる、そんな、なんか今日の自分マジでイケてるぞ、ってときたまにないですか? その日の僕がそうでした。自信溢れる足取りで、1カ月ぶりの登校、あと1日休むと単位を落としてしまう必修の授業の小教室に遅刻しつつも入っていくと、中はガランとしていました。黒板には、無慈悲に「休講」の2文字。がくっ、とずっこけながら視線を移すと、教室には見知らぬ人間が二人いました。話をきくと、今日は休講なのだけど、授業でわからないことがあれば質問を受け付けるということで、講師の先生がやって来ていたそうなのです。そして、先生以外にもう一人、休講なのにわざわざやって来て律儀に授業の質問をしていたクソ真面目な留学生のミョンちゃんと、僕は出会いました。

ミョンちゃん「あ、有名人の奥山くんだ。人間嫌いで文学オタクで落伍者に憧れてる、滅多に大学来ないレアキャラだ! ねぇ、いつも授業中ペットボトルにビール入れて飲んでるって噂本当?」
僕「そっちこそ、謎多き美人留学生のミョンちゃんだ。日本人と韓国人のハーフで、韓国にいたとき詩で賞を幾つも受賞して作家をしてたって?」

そのとき僕はミョンちゃんに一目惚れ。以後たまに授業中口をきくようになり、ノートなどコピーさせてもらったり、忘れた教科書を見せてもらったり、お互いの部屋を行き来したり、1年間ちんたらと会話を続け、紆余曲折あって付き合うようになりました。

1 2 3

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

主夫になろうよ!