カルチャー

【messy調査】女性用バイアグラ、6割が「使いたい」

【この記事のキーワード】

 性的欲求低下障害などを抱えた女性のために開発された「女性用バイアグラ」が、アメリカで、承認を拒否されたことを受けて開始した「【messy調査】女性用バイアグラ、使いたい?」の結果を発表します!

graph1

 まずは「女性用バイアグラ」の認知度についてですが、知っている人と知らない人はほぼ半数。参考となる別のデータがないため、この認知度が高いのか低いのか……?

graph2

 一方、女性用バイアグラの需要は決して低くないことがわかる結果がこちらです。「使いたい」が6割。これは少なくない割合でしょう。調査を始める際に、副作用などのリスクが懸念されていることをお伝えしました。製薬会社も商売ですから、収益性が高いと考えられる薬を開発します。これだけの需要があるわけですから、副作用などの問題を解決しようと試みるだけの価値はあるかもしれませんね。

 ちなみに、「セックスに関する悩み」についてお伺いしたところ、8割が「ある」と答えています。

graph3

 「セックスに関する悩み」を持つ人ほど、「女性用バイアグラ」を使いたいと答える傾向があると考えられます。今回の調査ではっきり相関関係が出ていました。

graph4

 とはいえ「悩みはないけれど、今よりも楽しくセックスをしたい」という方もいることでしょう。最後に、自由回答欄に寄せられた皆さんのご意見を紹介します。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

セックスペディア 平成女子性欲事典