連載

無職が無職をやめるとき 不仲の父とバイキングにいってきた

【この記事のキーワード】

連載7週目その1

無職を長期間続けていると、ふと思うことがあります。無職こそが、人類の真にプリミティブな状態なのであると。象がネクタイ締めますか? 猿が山手線に乗らないでしょう。赤ん坊だって働きません。当たり前です。本来、動物というのは職につかないように出来ているのです。基本的には野宿、腹が減ったら仕方なくエサを探し、食っちゃ寝て食っちゃ寝るというのが本来の野生の姿ではありませんか。そう、ハローワークのお姉さんの話を引用するまでもなく、現代社会はあまりにも複雑化し過ぎました。高度に能率化した技術的分業と複雑に専門化した社会的分業が、我々から野生動物としての生き方を奪っているのです。しかし、技術的特異点の到来が予見される近年、今こそ僕たちは真の目覚めに至るべきではないでしょうか? 取り戻せ! 野生のパワー! 文明を破壊せよ! ヒッピーコミューン・リバイバル!

……といったようなことを担当編集者に向かって熱く語ってみたところ、「あ、ひらめいちゃいました。アマゾンの秘境でサバイバル生活ってどうですかね? 連載のネタに」との答えが返ってきました。

虚弱体質の無職を野に放つなんて正気か! 死んだらどうするんだよ!?

という叫びを飲み込んでいたら、「知能指数の低そうな屁理屈言ってないでさっさと原稿上げてもらえませんか?」と言われてしまい、おとなしく原稿を書くことにした奥山村人です。近ごろ外は暑そうで、なんだか大変ですね。お疲れ様です。水分補給をこまめにして、熱中症とかに気をつけてくださいね。僕は毎日エアコンのガンガンに効いた室内で、元気に無職をしています。光熱費はもちろん、親の金です。嗚呼、無職ってなんて素晴らしいんだ……!

さて、という感じに「日本で最もイラつく無職」の称号を欲しいままにしている僕ですが、父親との関係についてご相談させていただいた「ゆとり世代と団塊世代は仲良くなれますか?」の回に寄せられたお答えを、はりきって読んでいきたいと思います。

・お父様は毎日、新聞を読んでおられると思うので、あなたも読んで記事について話しかけてみてはいかがですか?
・いまは、まだ、仲良くならなくていいです。その段階ではありません。(中略)いまは、言葉では、伝わりません。
・お父さんが20の頃、祖父のことどう思っていた?なんてことが(原文ママ)ふと疑問に思えてくることもそのまま聞いてみてもいいんだよ。
・登山に誘う
・両親を食事に誘う
・仲良くする必要なんかありません。あなたの親は、あなたの人生にとって最も関わってはいけない危険な人物です。本当は実家で引きこもりなんかやっている場合ではありません。一刻も早く親から離れるべきです。
・沈黙が流れるのも「気まずい」と思うより、「無理にしゃべんなくていいんだ」と気楽に考えていいのではないでしょうか。

となんだか今回、親身なアドバイスが多かったです。相談の文章がしっとりした内容過ぎたからでしょうか?

確かに引きこもりなんかやってる場合じゃないのかもしれないですが、なにせ絶対に働きたくないので仕方ありません。

それはそうと、先日messyから原稿料が振り込まれました。人生初原稿料。ちょっと手が震えましたね。「くだらない原稿かいて、原稿料もらってるんちゃうの?」といったコメントが散見されましたが、たしかに。こんな何の役にも立たない文章でお金もらって本当にいいんだろうか、と思いつつ。バイト代とか給料とか、そんなのとは次元の違うありがたみ、みたいなのがありました。

それはそれとして、ふと思い出しました。そう言えば僕、初任給とかも両親のために使ってないんですよね。なんか会社員時代の帰省中に、両親にムカついて意味もなく10万くらい居間に置いて家出てきたことがあったんですけど、なぜか父親が一切口きいてくれなくなったので、後日謝ってお金返してもらったことがあったくらいですね。だから今回、せっかくいただいたこの原稿料で、両親に食事をご馳走するのも悪くないかもしれないな、と思いました。

1 2 3

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

厳選美食の食べ放題ホテルブッフェ&スイーツバイキング 首都圏版 2015~2016 今すぐ行きたい!全300軒 (ぴあMOOK)