連載

アクロバティック体位に大興奮! セレブのSEX指南がヤバすぎる

【この記事のキーワード】
(『GLITTER 2013年 08月号』トランスメディア)

攻めてる~!(『GLITTER 2013年 08月号』トランスメディア)

 いさかか旧聞に属しますが、石原さとみのセックス依存説は、すごく男のファンタジーを掻き立てる話でして、CMで石原さとみの顔を見るたびにセックスのことで頭がいっぱいになってしまうため、広告主は彼女を起用することで肝心な商品の宣伝がおろそかになってしまうのでは、といらぬ心配をしてしまいがちです。生命の根源的な欲求のひとつであるからでしょうか、「セックス」をテーマに語りだすと、なにかと盛り上がるものでございます。最近ではコンドームの製造で有名な相模ゴム工業株式会社様が「ニッポンのセックス」という調査結果を公表し話題となっておりました。

秋田の性欲スンゲェ!

 20代~60代という幅広い年代の男女14,100人にアンケートをとったその調査は、いわば現代日本のセックス平均値がわかる興味深いデータと言えましょう。調査によれば、初体験の平均年齢は20.3歳。この数値は、いわゆるひとつの「ヤラハタ(童貞/処女のままハタチを迎えること)」が平均であると示唆しております。これまで過ぎ去った人生において、ヤラハタを迎えたことを恥じている人がいらっしゃいましたら、この数値にちょっとだけ救われたりするかもしれません。

 また、都道府県別のランキングを見てみますと、あらゆる項目で都市部よりも地方のほうが上位に来ている。「田舎ではセックスぐらいしかやることがない」という冗談を裏付けるデータがでているようですが、なかでも秋田県には注目しておきたいところ。「1カ月のセックス回数」では、秋田県は2位の2.62回(1位は佐賀県の2.79回)、「1カ月のマスターベーション回数」では堂々の1位5.67回。秋田県は、かなり性的関心が強い傾向にある県であることが推測され、さすが、ゴールドフィンガー加藤鷹先生の故郷だ……という感じがします。

 しかし、それでも秋田県が「性生活の満足度」で42位(47.1%、半数以上満足していない!)と下位集団にいるのがまた恐ろしいですね。年間自殺者数が国内で最も多い秋田県が、こんなにも性的であることは、エロスとタナトスとの表裏一体を匂わしているようです。なんだか、きりたんぽが男根の象徴に、しょっつるがすごくスケベな言葉に思えてくるではありませんか!

セレブ女子でもマグロは許されない

 ただ、「一億総中流」の時代ならまだしも、階層化が進んでいると言われる現代日本では、平均値だけ見ていても「全然参考にならない!」という声があるのも予想がつきます。そんななかで、セレブたちはどんなセックスをしているのか——―とは下世話な興味でしかありませんが、『GLITTER 8月号』(トランスメディア株式会社)でのセックス特集「真夏の『快感』スイッチONは、この雑誌の想定読者であるセレブ志向女性のセックス観と理想を伝えてくれるものかもしれません。ちなみに同誌は7月号でも「LOVE&SEX vol.1」という特集を組んでおり、性愛ネタにはかなり積極的で大胆です!

1 2

カエターノ・武野・コインブラ

80年代生まれ。福島県出身のライター。

@CaetanoTCoimbra

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

GLITTER (グリッター) 2013年 08月号 雑誌