恋愛・セックス

結婚していない人のうち7割が「結婚したい」も最大の障壁は「お金がない」?

【この記事のキーワード】
Photo by Katsu Nojiri from Flickr

Photo by Katsu Nojiri from Flickr

 「未婚で交際相手のいない人のうち4割が恋人を必要としていない」ことが、22日に閣議決定された、平成26年版「少子化社会対策白書」に使用された調査結果から判明しました。新聞各紙や通信社が報道していたので、既にご存知の方もいるかもしれません。

 この調査と「少子化社会対策白書」には他にも興味深いデータが多々詰まっていました。

 例えば「結婚していない人(未婚、離別・死別)」を対象にしたアンケートでは、20~39歳男女に関しては67.5%が、39歳以下の未婚者は、76.5%が結婚の意思をもっていることが示されています。

 では、この人たちはなぜ結婚したいのか。この調査では「結婚してない人(未婚、離別・死別)」のうち結婚の意思がある人を対象に、「結婚したい理由」を尋ねています。上位の回答は「家庭を持ちたい(57.2%)」「子どもが欲しい(38.5%)」「両親や親戚を安心させたい(33.8%)」「老後が不安(31.5%)」でした。

 となると今度は、「なぜ家庭を持ちたいのか」という疑問がふつふつとわきあがってきたのですが、「大切と思う人間関係やつながり」を尋ねる調査(複数選択)がヒントになるのかもしれません。というのも、この質問に対して「家族」と答える人がおよそ97%と断トツに多い(次点は親戚で55.1%)。ほぼ全ての回答者が「家族」になんらかの価値を見出している。トートロジーのようでもありますが、「家族という繋がりが大切」だから「家庭を持ちたい」と考えるようです。

 ちなみに「結婚してない人」で結婚の意思がない人が「結婚したくない理由(複数選択)」として、「自分の時間を失いたくない(43.3%)」が最も多く、続いて「適当な相手がいない(39.3%)」「異性とうまく付き合えない・恋愛がめんどう(32.8%)」「経済的な制約が増える(31.9%)」とでした。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

アナタたち、「いつか結婚できる」と思っているでしょ?