カルチャー

【messy調査】読者のダイエット体験談 「痩せすぎて心配された」という声も…

【この記事のキーワード】

ストレスで痩せる

 続いてしきさん(26~30歳)。食事制限、生活習慣改善で、6カ月に4~5キロの体重減。

「仕事がストレスフルだと勝手に痩せるとわかった」

 仕事=ダイエット説! ストレスで過食になる方もいらっしゃいますが、これはこれでありのような、なしのような……仕事もダイエットも無理はなさらないでください!

矢沢あいの影響

「若気の至り? 高校生の当時、『痩せていればいるほど可愛い』という価値観だった(多分矢沢あいの漫画の影響)。痩せていく自分にハイになっていた。」

 食事制限と自宅での筋トレで6~8キロ痩せられた(2年間)というasmさん(31~35歳)。「矢沢あいの漫画の影響」って、確かに『ご近所物語』『パラダイス・キス』『NANA』どれもキャラクターが細長すぎます。フランスの議会が、痩せすぎのファッションモデルの活動を禁止する法案を可決しましたが、メディアの影響っていろいろなところに出てくるものですね。

「若かったから出来たなぁという感じです。今はモチベーションも体力もない。

若さゆえ限度が分からず拒食症寸前の細さだった。その時は楽しんでストイックにやっていた」

 ストイックに頑張ることが楽しくなって、ダイエットが目的なのか頑張ることが目的なのかわからなくなる人がいるような気がします。そんなときに、客観的に自分を見てくれる人がいたり、きちんと記録をつけて歯止めがかけられるようにすることが大事なのかも知れません。

友達に止められるほどガリガリに……!

「当時付き合っていた10歳年上の彼氏に飽きられないように……」

 先ほどのazmさんと同じく、8カ月で9~10キロ痩せたというyuuさん(21~25歳)。食事制限と自宅での筋トレをされていたそうです。ダイエットを初めて3カ月は変動がなく挫けそうになったものの、3カ月を越えた頃から面白いように体重が落ちて、しまいには友達や彼氏に止められるほどガリガリになりかけた、とのこと。

 頑張った分だけ見返りがあると楽しいものですが、何事もやりすぎはよくない。友達や彼氏のおかげで、ダイエットをやめられたyuuさんの例をみると、客観的に見てくれる人が身近に入ることってやはり大事なんだな、と思いました。

日々ダイエット!

「年齢とともにおなかがヤバイことになってきた」

 こちらは、1カ月半で3キロほど痩せたという、ひーさん(41~45歳)。ダイエットメニューは食事制限と筋トレ(自宅)。回答を見ていると、このふたつをセットで行われる方がとても多かったです。自宅で、無理せず行えるオーソドックスなダイエットなのだろうと思います。

「期間限定というよりも日々ダイエットです。年齢を重ねると一キロ痩せるのすら大変!」

 特定の期間だけ、必死で頑張るよりは、生活習慣を改善して、「太らないようにする」ことが結局一番。それができたら苦労はしないんでしょうけど……。

無理なく健康に!

 というわけで、皆様からいただいた体験談をいくつか紹介してみました。全ては紹介できませんでしたが、回答者の多くがダイエットで痩せた人で、むしろ「やりすぎてしまった」という方がかなりいらっしゃっいました。

 突飛なダイエットメニューはまったくなく、食事制限やウォーキング、筋トレ、生活習慣の改善など、オーソドックスな方法ばかり。どうやら、ダイエットに近道なし! という結論に至りそうです。

 messyではリオネル・メシ子さんが、3月からダイエットに挑戦中。初回と現在の写真を見比べると、感動するくらいその成果がはっきりと見えています。夏まであとわずか。そもそも「痩せていなければいけない」「ダイエットしなくてはいけない」というわけではありません。「ダイエットしよう!」とお考えの方は、どうぞ無理なくがんばって下さい! 以上messy調査でした。

1 2

最後のダイエット